営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

ナイキ ズームフライ フライニット

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

ナイキのズームフライフライニットも、トレーニングで結構履き込んできたので、レビューを載せてみたい。

 

長距離界を席巻している、ヴェイパーフライ(フライニット)4%。

ヴェイパーの廉価版のイメージがあるズームフライ。

実際、アッパーに使われているニット素材や、

フルレングスのカーボンファイバープレートは、

ヴェイパーもズームフライも、同じものを使っている。

 

形状は同じで、同じカラーなら見分けがつかない。

 

しかし、ミッドソールに違いがあり、ここに性能や価格差が大きく出ている。

 

ヴェイパーフライは、ズームXフォームを使い、

ズームフライはリアクトフォームを使っている。

 

ズームXフォームは、超軽量かつ高反発なクッション性を持つ。

しかし、高発泡で密度が低いため、耐久性は低い。

跳ねるけれど、スカスカな分、潰れやすいイメージ。

 

現在ズームXが使われているのは、

ヴェイパーフライフライニット4%とペガサスターボだけ。

 

リアクトフォームはソフトなクッション性と、異次元の耐久性を持つが、

高密度であるため、ズームXに比べると重い。

かなり柔らかく、薄くするとシューズがグニャグニャしてしまうため、

形成には厚くする事で形状保持と、路面からの足の保護を果たしている。

 

リアクトフォームを使っているのは、

エピックリアクト、オデッセイリアクト、ズームフライフライニット。

 

エピックリアクトは、昨秋からトレーニング用にこき使っている。

その耐久性たるや、まるで底無し。

このシューズだけで、ざっと1200kmぐらいは走ってるはずだが、まるでヘタらない。

汚れや表面の多少の削れはあっても、ミッドソールが潰れてヘタる感覚は全く無い。

未だ新品同様の機能を保っている。

構造からしても、履き込んだ感覚からしても言えるのは、

ズームフライフライニットは「カーボンプレート入りのエピックリアクト」であるということ。

 

同様に、ペガサスターボにカーボンプレートを入れたのがヴェイパーフライであって、

ヴェイパーフライからカーボンプレートを抜いたのがペガサスターボである。

 

ヴェイパーフライとズームフライは、構造は同じであるが、

素材が違うせいで、全然違うシューズになっている。

どれぐらい違うかというと、チーズとヨーグルトぐらい違う、カレーとシチューぐらい違う。

 

ヴェイパーフライとズームフライを比べるのが、間違っている。

 

重さだって、ズームフライは重い。

こんなに重いと、正直辛い。

エピックリアクトより重い。

サイズによるが、ヴェイパーフライは165~180gぐらい。

レースシューズはこれぐらいじゃないと、もたついて使えない。

「HANZO S」と「ウェーブクルーズジャパン」もそれぐらいに収まる。

 

ちなみに、この間有度山トレイルで使ったinov-8のX-TALON200と、

ズームフライはほとんど変わらない。

X-TALON200は200gと思っていたのに、260gもあったなんて。
(サイズがデカいと、当然それだけ重くなる)

シューズの重さの差は、エネルギー効率にもかなり影響する。

30gの差でも相当大きい。

50g、60g違えば、天と地の差になる。

 

ズームフライは、かなり重量級であり、スピードレースでは使うのをためらう。

しかし、素晴らしい所もあって、脚へのダメージがほとんど残らない。

リアクトフォームの良さだ。

リアクトフォームの難点は、柔らかい故にスピードを出しにくい所にあった。

それをカーボンファイバーをかませる事で、カバーしようとしたのがズームフライ。

 

駅伝やトラックレースでズームフライは使えないが、最近はトラックのペース走で履き込んでいる。

3’30”前後だと丁度いい。

3’20”を切ると、リアクトフォームがボヨンボヨンして、もたつく。

 

ひとりでの16000mPRも、いい感じでやれた。

1/29:大井川トラック16000m(56’17”、平均3’31”)

260gの重さがありながら、ペース走で使えるのはスゴイ。

カーボンプレートのおかげだろう。

重いので脚への負担も少ない。

レースで使えるエースにはなり得ないが、圧倒的な練習エース!!!

それがズームフライフライニット

 

ズームフライフライニットはカーボンプレート入りのエピックリアクト、

ペガサスターボにカーボンプレートを入れたのがヴェイパーフライ、

ヴェイパーフライからカーボンプレートを抜いたのがペガサスターボである。

 

なんて、ナイキさんは言ってない。

ショップ店員は気が付いていない。

誰もそんなレビューは書いてない。

 

ややこしいから、名前の付け方、もうちょっと変えてよ(笑)

 

この複雑なラインナップに気付いて、ナイキの商売の上手さを改めて実感した。

ズームフライがレースでのエースになり得ないなら、森町ハーフ、静岡マラソン、何履く!?

ペガサスターボか!?

ターサージャパンか!?

HANZOか!?

 

この辺もまた、掘り下げていきたい。
ナイキ公式HPはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.