営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

再始動一発目のバーティカル

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

1年のメインレースが終わって、オフが終わって、合宿が終わって、

久々に舗装路を走ってる気がする。

秋から冬はトラック、ロードのレースになる。

ようやく、傾斜のついてない所に帰ってくる、懐かしい感覚。

 

平地って、どうやって走ればいいんだっけ?

 

その前に、バーティカルレースがあったな(8月24日)。

富士見高原のバーティカル。

富士見パノラマスキー場のゲレンデを逆走して、

入笠山山頂まで、6.4kmで1000m登る。

昨年は大会記録と優勝にチャレンジして

記録自体は大会新だったけれど、準優勝だった。

それまで53分ぐらいが大会記録だったのかな?

それを、長野の鉄人宮川さんと、イノヴェイトの大沢さんと、

攻めて攻めて、僕と大沢さんは49分台、宮川さんは48分台を出した。

ん??

何か引っ掛かるな。

 

今年の富士登山駅伝の5区(4.24km《GPSで4.5km》・登り1017m)が49分22秒。

昨年の富士見バーティカル(6.4km・登り1000m)も49分22秒。

 

何だこれ?

どう分析すればいいのだろう?

 

傾斜は、5区の方が明らかにきつい。

足場も砂礫で、無茶苦茶悪い。

更に、標高2100m位から3100m位までの環境で、かなり酸素が薄い。

 

入笠山の山頂は1955mなので、5区のスタートより下でのゴールになる。

ゲレンデの傾斜はかなりのものだけれど、富士山のようにズリズリ崩れてこない。

短い草と、ウッドチップと、砂利、一部舗装路と、足場はかなり良い。

 

もし、仮に富士見バーティカルの足場で、5区の距離と標高差を登ったら、

感覚的に7~8分は速くなる気がする。

5区に比べたら、足場も良くて、傾斜の緩い富士見バーティカルの方が、ちょっと優しいはず。

「スピードが出る=傾斜が緩い=距離が長くなる=時間が掛かる」??

 

5区の様々な条件は、プラス2kmの距離で相殺されるのか?

昨年の富士見バーティカルのタイムも、今年の5区のタイムも、

序盤から思い切り突っ込み過ぎて、最初で打ち上がっているので、

出し切れてはいない。

どう見ていいのか、よくわからん。

 

出せんのか?

大会新で優勝。

その前に、世界選手権代表が立ちはだかる。

戦える事が、楽しみでたまらん。

勝ったら、メーカーのサポート契約、推薦してくれないかな。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.