営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

メジャー昇格

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

明後日は、いよいよ富士登山駅伝。

クラブチーム日本一決定戦。

 

これまで10年間、清水ランニングクラブ傘下の、見次クラブで走ってきた。

その間、入賞できそうで、できない時代を経験して、

3年連続入賞の時代に入り、一度落ち込み、昨年は準優勝。

 

11年目の今年は、清水ランニングクラブで走る事になった。

マイナーリーグから、メジャーへ昇格である。

下積み長くね?笑

世代交代の波が押し寄せて、クビになってもいい年数。

清水で走る事のプレッシャーは、とてつもないものがある。

メジャーリーガーを揃えたチームだからだ。

さらに、担当する区間は最難関の第5区・7区。

4.24kmで1017m登るこの区間は、

身体的にも精神的にも、押しつぶされそうな重圧が掛かる。

 

区間の重圧、チームの重圧。

5区・7区を担当する選手の多くが、逃げ出したくなるという。

チームの運命が、最難関の区間で変わるのだから。

足場は、砂地。

急傾斜で、酸素は平地の3分の2程度(16~14%)。

下りは、岩石がゴロゴロ埋まった砂地と、後半は大砂走が待っている。

 

清水ランニングクラブで走るからには、課された使命はただ一つ。

優勝する事。

11連覇している、トヨタスポーツマンクラブの連覇を、阻止すること。

 

総監督が成し得なかった、優勝をね。

歯が立たないぐらい、トヨタは強いかもしれないけど、やってやるよ。

 

明日、明後日は施術はお休みでございます。

よろしくお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.