営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

その後のズームフライフライニット

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

ナイキのズームフライフライニット(以下ズームフライFK)の記事も、

結構な反響があって、書いてみて良かったなと思っている。

 

さて、その後のズームフライFKの調子はというと、

練習エースから更に特化して、ペース走のエースと化している。

スピード練習では使う気になれないけれど、ペース走で使うとハマる。

脚に優しい。

ふくらはぎが全く疲れなくなった。

でも、速く走れるシューズではないので、負荷はバッチリ掛けられる。

 

強風吹き荒れる河川敷のトラックで10000m(400m×25)

34’48”(3’28”、28”、30”、30”、31”、31”、31”、30”、29”、19”)

12000mにしようと思っていたけれど、強風過ぎて断念。

 

ダメージは無いけれど、シューズが重いのは依然として変わらない。

ひょっとしたら、260gクラスのシューズを選んだら、

脚への優しさに関しては大差ないのかもしれない。

富士宮駅伝前日の刺激での1000mでも使ってみた。

2’53”(2’19”、33”)

寝起きの30分後とあって、しんどさの割に動かなかった。

 

森町ハーフで1:10’03”と健闘し、

その後も3’25”での10000mを余裕をもってやれた事からしても、

ズームフライFKは、ロングのレースではかなり優等生である。

 

レースの流れに乗ってしまえば、重さもさほど気にならないし、

むしろその詰まりに詰まったソールが、脚を温存してくれる。

通常なら重さはロスに繋がるが、ズームフライFKの良い所は、

重くしてでも得るメリットが大きい事だ。

 

もうちょっと風がやんできてくれたら、

3’25”で12000mか16000m、

3’20”で10000mできるかな。

これを1人で集中してやるのがミソ。

 

専門店のスタッフは、ズームフライFKは合う合わないの差が大きくて、万人受けしないと言っていた。

誰にも合うは、誰にも合わないのかもしれない。

 

ここだけの話、ズームフライFKは、

思い切り踵で着く意識で走ると、その機能を十分に発揮する

あれだけ不安定なソールで、フルレングスのカーボンプレート入りで、

前足部を意識して着いたら、デザインされた機能を半分も生かせない。

 

騙されたと思って、やってみて欲しい。

一般論が今ひとつだと思ったら、逆へ振れ!!

そっちに解決策があることは、多々ある。

 

結論:ズームフライFKは、トレーニングでもレースでも使える優等生である。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.