営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

タイトルで挽き付ける

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

本屋が好きだ。

本屋に勤めたいとは思わないが、興味のある本は数知れず。

時間が許すなら、ずっと読みたい本を読んでいたい。

それが僕の人生の着地点。

 

気が付くと、毎月何冊か本を買っている。

今月は既に6冊。

やる事が貯まっていて、ちょっと読むペースがスローなのがもどかしい。

そんな時に本を読む時間が、何より没頭できたりする。

シューズよりもガソリン代よりも、本にかけるお金が年間で最も掛かっている。

 

この間の土曜日、先輩に誘われてある講演会に行ってきた。

講演会というよりも、勉強会と言ってもいいかもしれない。

東京江戸川区にある本屋「読書のすすめ」の清水店長がの講話だった。

 

読書のすすめの名前を初めて聞いたのは、結構前の事だったと思う。

年間で一定額を払うと、毎月清水店長のおすすめの本が、解説と共に届く。

それがとても人気なのだという。

 

清水店長について僕が知ってるのは、それぐらいだった。

先輩に誘われて、面白そうだから行ってみたのだ。

 

講話は、数々の本を引き合いにして、時に歴史を紐解き、

世の中の流れを解説していくといったような内容だった。

始めて聞く内容もあって、また自分が考えている事の裏付けも取れて、

非常に面白い内容だった。

 

やや寝不足で、頭痛がしなければもっと集中して聞けたのに…

と、コンディションが悪かったのを後悔したぐらいだ。

 

講話の冒頭で、なるほどなと思った事がある。

最近の本屋の特徴についてだ。

 

本屋の特徴というよりも、出版社の特徴なのかもしれない。

それが、煽るようなタイトルの本ばかりがズラリと並ぶ事。

それから、具体的な内容の本ばかりだという事。

 

売らんとする気持ちも、分からないではない。

煽るようなタイトルは、ネット記事の見出しや、まとめサイトの見出しに似ている。

ニンゲンの欲に訴えかけているのだ。

マーケティング手法としては、非常に巧妙にやっている。

食わせるべくして食わせる。

 

上手いな、とは思う。

しかしその構図は、食わせる方も、食う方も、食ってるモノも、魚釣りと変わらない。

エサでおびき寄せて、欲望のままに食らいつく。

 

煽るようなタイトルは、人間の考える脳ではなく、生き物としての本能に働きかける。

一見すると凄いようだが、次元としては結構低い。

そういう本は、内容も然りである。

 

具体的な内容の本も同じだ。

「こうすれば成功します」みたいな本。

これ、本当に多い。

タイトルに数字が入っていたり「あなたも○○できます」みたいな。

 

具体的なものは世の中に無数にあって、無限にあって、

いくらでも生み出すことが出来る。

手法は際限が無いのだ。

具体を追い求めれば追い求める程に、目的を見失って本質から逸れていく。

 

抽象と具体の関係性は、扇形やピラミッドのような構造になっていて、

具体性が増すほどに抽象から遠ざかる。

抽象度が上がる程に、具体性は薄れていく。

具体的な本にばかり食いついていたら、それは魚と変わらない欲の満たし方なのだ。

 

清水店長が言ったのは「煽るようなタイトル多いよね」ぐらいで、

後は僕の解釈である。

 

人は上手くいく方法を求める。

そんな方法は、無限にある。

「どうしたらいいですか」

「何したらいいですか」って、すぐに聞きたくなる。

恥ずかしながら、僕も昔はそうだった。

 

そうじゃない。

「何のために、どうするか」なのだ。

モノゴトは、突き詰めていけばいくほど抽象的になって、

抽象的な本質からしか、具体的な方法は導き出せないのだ。

 

タイトルに引き付けられて、具体的な内容の本に惹かれたら、

自分は爬虫類や魚の脳で行動していると思っていいい。

 

さ、本読んで寝よっと。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.