営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

塩のとり過ぎ

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

例年に漏れず、今年の夏も毎日毎日、滴る汗をかいてきた。

Tシャツやランシャツは絞れ、ランパンからは汗が滴り、

シューズもグチャグチャ。

想像しただけで、汗臭い(笑)

 

実際には、かいたばかりの汗や、日常的にかいている汗は、ほとんど臭くない。

放置しておくと臭くなったり、ウェアにバクテリアが棲みついて、

濡れただけで悪臭を放つようになる。

 

それぐらい汗をかいておきながら、意識して塩分補給したことは無い。

塩分は摂らないように意識していた。

塩分は熱中症予防に何の関わりも無く、塩分が不足して体調を崩す事なんて無い。

 

今年は特に塩分摂取に気をつけていたおかげで、夏を快適に過ごすことができた。

梅雨のむくみ、ダルさとも無塩、いや無縁。

汗をかいて体の水を捨てることで、体液循環を促すサイクルが上手く回った。

 

体に貯めてある塩分濃度が濃くなると、古い体液を捨てることが出来なくなる。

これが体調を悪化させる。

暑さに体力を奪われた上で、更に代謝が悪くなるのはキツイ。

 

塩分摂取は食事からで十分だし、食事する上でも味付けには注意すべきだ。

 

よく言う、「汗で塩分が出てしまう」というのは大きな間違い。

汗をかいて体から水が抜けた分、要らない塩分を捨てているだけだ。

 

血液中の塩分濃度はいつも一定に保たれているから、自分で摂る必要は無い。

むしろ、体内の塩分貯蔵は必要最小限にしておくことが望ましい。

 

過剰な塩分を体から抜くだけでも、4~5kg体重が落ちる。

場合によっては、もっと落ちる。

塩分過剰になって、不要な水を体が溜め込んでいることが多い。

 

体重は落ちないし、ダルいし、重いし、浮腫むし、みたいな問題は、それで解決する。

浮腫みをいかに解決するかが、体調管理のキー。

 

脱水して、塩抜きするべし。

塩分は、控えめに。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2018 All Rights Reserved.