営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

今年2度目の3000m越え

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

昨日は早めに仕事を切り上げて、富士山御殿場口登山道へ。
ここは標高1421m地点。

スタート時、既に日が傾き始めていて、駐車場は貸し切り。

装備は水500mlと、エナジージェル3個、スマホに手袋、
これをウエストバッグに詰め込む。

さっさと登って降りて来ないと、日が暮れるのでノーアップでスタート。

富士登山駅伝の4区(2.84km・登り664m)を流して登り、
32分01秒で2085mの中継点へ到着。

ただ流して登った割には、悪くないタイムだ。
その場でジェル1個を水で流し込み、息を整えて5区のスタート。
ここも、流して登る。

路面の状況の確認と、低酸素環境や、傾斜に慣れるための通し練習。
5区は4.24kmで1017mを登る。
箱根駅伝の山登りがおよそ20kmで800mを登ることを考えると、
登山駅伝がいかにクレイジーなコースかわかる。

例年、4区を走って登ると、
脚を使い果たして5区はまともに走れないことが多いけれど、
鬼岩寺の階段や高草山、日頃のコソトレが利いて、
リズムを崩すことなく6区への中継点(標高3102m)へ到着。

タイムは1時間02分55秒。
余力を残してこのタイムなので、これも悪くない。

ここでもエナジージェルを水で流し込んで、今度は下山。
40分も走れば山頂に着くが、この日は時間が無いので諦めた。

下山道は岩がゴロゴロして危ない場所もあり、
砂地でスピードに乗れる場所もあり、
ケガをしない程度に楽しんで下ってきた。

15時40分頃スタートして、18時前に何とか下山。
3000m以上は空気が澄んで気持ち良かった。
下界の空気はモヤッとしていて気温も高く、現実世界に戻された感がある。


6月23日に富士宮から山頂へ登った時は、
吹雪に見舞われて辛い思いをしたが、昨日は随分と夏山らしくなっていた。

今後は富士登山駅伝で担当する5区のタイムトライアルに、もう数回は行くことになる。
昨年の本番は49分06秒で区間3位。

試走のタイムトライアルでは、52分位では走っておきたい。
試走で52分を出しておけば、本番で47分~48分台が見える。

残り1カ月で、どこまで仕上げられるか、勝負だ。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2018 All Rights Reserved.