営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

随時更新!本質を追究するブログ

第75回富士登山競走 振り返り①

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

第75回富士登山競走 結果

今回はレースを振り返る。

山頂コースのスタートは7:00

標高が高く、比較的涼しい富士吉田市にしては、

日差しが強く暑く感じた。

過去の大会を遡っても、75回大会は高温だったと思う。

僕はスペシャルナンバーカードを得ることができたので、

スタート前ブロック毎の整列には並ばなくていい。

最前列からのスタートが大会側から用意されている。

6:40頃からだろうか。

オープニングのセレモニーが始まった。

 

富士吉田市長が挨拶をする。

3年ぶりの開催にこぎつけるまでの思い、

やってきた対策、準備などから始まり、

全国から集まったランナーへ、感謝とエールを送る。

「この3年分の鬱憤を、今日は思い切り晴らしてください!」

これで泣いた人は、僕だけじゃないだろう。

今思い返しても泣けてくる。

 

簡潔なのに力強くて、市長の人間力が溢れる、

歴史に残る、心を動かす挨拶だった。

 

そこに、過去10回優勝のレジェンド芹澤さんの選手宣誓。

選手宣誓で、語る。

市長の挨拶で泣いているのに、それに追い打ちをかける。

反則である。

 

単なるセレモニーじゃない。

これが、富士吉田市のホスピタリティなのだ。

スタッフの対応の丁寧さ、

役割の理解度の深さ、運営の滑らかさ、

全てに人間の温かさがある。

 

山岳レース日本一決定戦というのは、表向き。

富士登山競走は、日本で一番熱くて温かい大会だ。

応援してくれる人や、スタッフの熱が違う。

 

過酷なコースに挑むランナーを、

これ以上ないくらい後押しして、送り出してくれる。

 

これまで感じた事の無い、自分の中に何かが満たされた感覚になった。

緊張や、怖さは一切無い。

朝7:00

十数分の間にエールを得て、富士吉田市役所をスタートした。

この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2022 All Rights Reserved.