営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

第44回富士登山駅伝・振り返り①

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

普段から真っ黒に日焼けした肌が、真っ赤になるほど焼け直した日から、2日。

日焼けの痛みと、筋肉痛と、岩の突き上げで打撲した足裏の痛みが癒えるまでは、

ゆっくり休もうと思ってキーを叩いている。

最大限の集中力を使った後は、休む期間も作らないと、心のスタミナまでも尽きてしまう。

僕にとって11回目の挑戦の富士登山駅伝は、これまで10年間走ってきた見次クラブから、

メジャーリーガーを揃えた清水ランニングクラブ(以下清水RC)に、エントリーが変わった。

それまでの10回の間に見てきた清水RCのメンバーは、

僕のレベルでは全く歯が立たない、別格の選手が揃っていた。

レベルの差があり過ぎて、いつか追い着きたいとも思えない位の、圧倒的な差。

 

富士登山駅伝に出る度に、

その選手達との次元の違いを見せつけられ、

全く通用しない自分の走力に打ちひしがれ、

自分の甘さや至らなさを反省して、改善と試行錯誤を重ねること10年。

 

優勝以外は、負けと同じ。

勝つことが使命の清水RCに、今年は戦力として組み込んでもらった。

1区(6.54km登り243m)

ショウヘイ(山梨学院大卒、2019箱根1区、日本選手権1500m5位)

2区(4.64km登り345m)

ユウト(藤枝明誠、山梨学院大卒、2019箱根10区)

3区(4.54km登り371m)

コウスケ(藤枝明誠、神奈川大卒、2019箱根4区)

4区(2.84km登り664m)

高瀬のアニキ(元滝ケ原自衛隊、昨年区間賞、富山のスピードスター)

5区(4.24km登り1017m)

ムラタ(元野球部のド田舎の整体屋)

6区(4.92km山頂折り返し618m)

細野のアニキ(国体山岳縦走競技、神奈川県代表、ロードもトレイルも走れる経験豊富なスペシャリスト)

7区(3.66km下り1017m)

ムラタ

8区(2.59km下り664m)

高瀬のアニキ

9区(4.44km下り371m)

コウスケ

10区(4.64km下り345m)

ユウト

11区(4.88km下り188m)

ショウヘイ

 

直前の体調不良でエントリー変更になったけれど、

当初はスカイランニング世界選手権代表の「近藤のアニキ」も6区に入っていた。

これだけの選手を組めるのが、牛之浜総監督の偉大な功績。

 

全く穴もない、ミスしないで11年間勝ち続けてきたトヨタを倒すには、

11区間でどこにも綻びが無いオーダーで、貯金を作って逃げ切らなければならない。

 

箱根駅伝を走ったランナーで固めたロード区間(1区~3区)で後続との差を広げ、

トヨタが圧倒的に強い山区間(4区~8区)で貯金を使い果たしても、

復路のロード(9区~11区)で逃げ切りか、逆転するという作戦での区間配置。

 

山区間の仕事は、トヨタとの差を9区~11区でも逆転可能な範囲に収める事。

その作戦通り、山頂での折り返しから復路は数十秒~数秒の差で大接戦になった。

アンカーまでもつれた勝負は、大砲ショウヘイが逆転、逃げ切りを果たしてくれた。

5合目の選手待機所に、山区間を走った選手達で降りて来た時、

中継点で放送されていた大会の実況ラジオは、ゴール直前の様子を伝えていた。

「競技場にトップで帰って来たのは、、、ゼッケン1番、トヨタスポーツマンクラブです!」

「後続の選手はまだ見えてきません!」

 

チームのメンバーと、その実況を固唾を飲んで聴き入った。

 

僕が7区でタスキを受け取った時、前を行くトップのトヨタとは14秒差

急傾斜に岩が埋め込まれた危険な砂礫地帯を、

ノンブレーキでゴリゴリに攻め、8秒差に縮めて8区に渡した。

8区も8秒差を守り、そのままの差で9区にタスキが渡る。

9区では一転リードを広げられ、38秒差をつけられて10区へ。

10区で再び追い上げ、17秒差でアンカーの11区へ。

 

「トヨタとは17秒の差がある」

5合目の選手待機所で、チームスタッフから入った情報はそれだけ。

あとは、逆転してくれることを祈るしかない・・・

そこで聴こえてきたのが、トヨタがトップで競技場に帰って来たというラジオだった。

清水RCにとって、優勝以外は負けでしかない。

駄目だったか・・・

「一般の部優勝は、ゼッケン1番のトヨタスポーツマンクラブです!!」

ラジオ中継はそう実況している。

僕も含め、そこに居た選手、監督、スタッフが、万事休すだと下を向いた、その時だった。

 

「いえ、優勝は、ゼッケン1番ではなく、7番の清水ランニングクラブです!!!」

 

一瞬、意味が分からなかった。

時間が止まったように思えた。

次の瞬間の、喜びの大爆発と言ったらもう、、、、、

肩を抱き合って喜び合い、涙があふれ出した。

泣きながら、みんなが笑っていた。

周りの他のチームの方々も、一緒に喜んでくれた。

17秒を追っていた展開は、最終的に24秒のリードで幕を閉じた。

「分からないでもないけど、1と7は間違えないでしょ!笑」

一度は思い切り落とされた所から、最高潮までの喜びのドラマは、長らく語り継がれるだろう。

その後に山頂区から帰って来た細野さんと将悟さんも、クシャクシャになって喜び、泣いていた。

 

富士登山駅伝は、監督、チームスタッフ、選手の総合力が試される。

34年かけて、最高のチームが出来上がった。

34年間に関わった、全てのメンバーのおかげで、頂点に手が届いた。

 

個人的にMVPだと思っているのが、山頂6区細野さんの活躍。

 

大会2日前に、補欠から6区への変更でも、本番は職人の如く、タスキをつないでくれた。

細野さんは、4区の高瀬さんの調子が上がって来ない事を考慮して、

出番があっても良いように、補欠登録でも本番走れるように準備していたのだ。

高瀬さんの調子が上がってきたので、4区で走る事はなかったけど、

もしものために準備しておいた事で、急遽6区をやる事になっても、勤め上げてくれた。

 

結果的に、高瀬さんの調子が上がって来ないという状況すら、優勝するための足掛かりになった。

牛之浜総監督が紡いできたチームの輪が、鮮やかに機能した。

 

長くなり過ぎたので、今日はここまで。

僕個人の反省まで、たどり着きませんでした。

続きはまた明日。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.