営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

随時更新!本質を追究するブログ

登りを磨け!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

気が付けば5月も終わり。

なかなかブログの更新が追いつかないくらい、忙しい日々を過ごしております。

皆さんのおかげです。

 

1日のなかで、様々なことをしなければならない。

時間は有限。

日の出が早まると共に、トレーニングの時間も早い時間にシフトしている。

仕事の合間にやれることばかりじゃない。

集中してやれる時間帯を選ぶことも大事。

 

生理学的な指標として、鍛えるべき要素がいくつかある。

・有酸素能力

・LT(乳酸を再利用する能力)

・最大酸素摂取量

・スプリント能力

 

この4つのバランス。

取り組む割合は、均等ではない。

 

最も重視すべきは、LTの強化。

しかしLTは、有酸素能力にも依存する。

運動で消費される酸素の量と、供給される酸素の量。

これが釣り合っている状態では、乳酸はほとんど発生しない。

酸素消費が供給を上回ると、乳酸が発生する。

運動強度が上がってくると、乳酸の濃度も上がり、

乳酸を代謝し切れなくなると、運動を続けることが出来なくなる。

 

ポイントは、乳酸を発生させない有酸素能力があること。

乳酸が発生してから、酸化反応を進めてエネルギーに変換できること。

 

有酸素能力は長時間、体中に酸素を運ぶ運動を続けることで発達する。

LTは、乳酸が発生するラインまで踏み込み、

かつ血中乳酸濃度が上がり過ぎない領域のスピードを、一定時間維持して刺激を与える。

この時に、乳酸濃度を上げ過ぎて運動時間が短くなってしまっては効果が薄い。

 

最大酸素摂取量の強化は、最小限に留めたい。

高強度の負荷を与えることで、有酸素能力が退化してしまう。

レース前に仕上げの段階で入れる程度で十分。

 

スプリントの強化は、年がら年中、常にやっておきたい。

スプリントの強化は、エネルギー効率の良い体の動きに直結するからだ。

良い動きで様々なトレーニングをやる方がステップアップになる。

 

これからは、本格的に山を走る体に仕上げていく時期に入る。

何年も試行錯誤してきた中で、

登坂力を決める一番の要素はLTだと考えている。

 

トラックレースから、ハーフ、フルマラソンでLTを鍛えることが、

登りに直結するということだ。

 

今、何のためにそれをやるのか。

どんな意味や意図をもってそれをやるのか。

組み立ては科学であり、情熱は哲学である。

この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2022 All Rights Reserved.