営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

暑熱順化は3回必要

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

今日の走生塾(恐縮ながらコーチをさせて頂いている)は、挑戦会。

16km×2本のメニュー。

8kmの往復コースなので、どこで折り返してもよし。

全体の流れを見て、僕も走る距離やペースを決めようと考えていた。

 

挑戦会には、静大の陸上部長距離ブロックの学生も参加してくれた。

1本目の16km、折り返しからペースアップし、

登りでキロ3分30秒前後になる。

別についていく必要はないのだが、せっかく学生と走れる機会なので、

その流れに便乗してしまう。

ペースダウンは受け付けがたいので、そのまま押していく。

1本目ですっかり出し切った感があるくらい、いいペースだった。

2本目は、軽く流して脚づくりにした。

 

挑戦会を通して、今日は日差しも強く気温も高かった。

かく汗も、濃度が濃い感じがする。

気化しにくい汗は、熱を逃がしてくれない。

今日は走っていても、体の中に熱がこもる感じがしんどかった。

 

走り終わった後は、べた付く肌と熱をもった体を冷やすべく、

朝比奈川にダイブ!!!!

これがとても気持ちが良く、一気に疲れが取れた。

 

毎日汗をかいていても、夏モードに切り替わるには、

今日の「詰まった毛穴を開通させる」ような汗出しが要る。

それも、3回やると完全にサラリとした、

気化しやすい汗をかけるようになる。

 

野球をやっていた頃も、火災現場でも、

走っていても、熱中症とは全くの無縁。

最近は、「熱中症予防のために水分補給」とばかりうるさい。

みんな、飲みまくっている。

スポーツドリンクも、経口補水液も、飲みまくっている。

 

しかし、夏には熱中症患者が多発する。

どれだけ喚起しても、どんどん増える。

おかしいと思わないだろうか?

 

何を飲むかは、実は予防と発症に全く関係ない。

キーポイントは、「どれだけ脱水できる」かどうか。

脱水して、熱を逃がすことができるかどうかが、結果を左右する。

 

汗をかくことを考えていないから、

飲んでばかりで熱中症になる。

飲みすぎて溺れていると言ってもいい。

 

長年スポーツをやっている人なら経験があるはず。

汗をどんどんかいて、一滴も汗が出なくなってから、

体の動きが良くなっていく段階を。

実はこれにも、ちゃんと根拠とメカニズムがある。

 

水分補給は喉が渇いた時にはもう遅いとか、

何分おきに飲めとか、これを飲めとか、

デタラメな洗脳が多過ぎる。

 

日本人は過保護過ぎて、体本来の機能を使っていない。

もしランナーなら、無補給、無給水で自分がどこまで行けるのか、知っておくべき。

それを探るのがトレーニングだ。

 

話が脱線しまくりなので、この辺で。

運動生理学って、面白いね。

 

焼津市・藤枝市の整体「からだ工房らくだ」
〒421-0201 焼津市上小杉269

080-3288-7235(代表 村田稔明)

営業時間 9:30~20:00

定休日 第3日曜他

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2018 All Rights Reserved.