営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

灯油18ℓお願いします

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

我が家の暖を取る手段は、ストーブとホットカーペット。

ストーブには灯油の補給というひと手間は掛かるが、その温かさは数ある暖房器具の中でも特に優しさを感じられる。

火を使うものには近づきたくなる。

人間のDNAに刻まれた暖の取り方なのかもしれない。

 

一段と冷え込んだ今日、灯油が切れる前に買っておこうと出掛けた。

灯油コーナーには、いくつもポリタンクを持った人が居た。

僕もその列に並んで給油。

 

灯油のポリタンクは18ℓか20ℓが一般的。

1本だけでも、運ぶのは大変だ。

特に液体の入ったものは重心が動くので持ちにくい。

 

以前はパワー系の体つきだったけれど、最近はすっかり貧弱な腕と背中になったので、灯油タンク1本を運ぶだけでも、楽ではなくなった。

18ℓのものなら18kgも無いはずである。

それぐらいのものが、重く感じるのだから情けない。

 

消防士を辞めて開業する前に、新茶の時期だけお茶工場で働いた時があった。

その時は1袋30kgのお茶を1日で10t程手で運んでいたのに、その力はどこへやらである。

体力の廃用性というのは、非情なくらいに無常。

 

人の体重は、成人なら相当少ない人でも灯油タンク2本分、大体の人が2本から4本に収まる。

誰もが、自分自身の力で、それだけの重さのものを動かしていることになる。

 

それって、ちょっとすごくないかい!?

自分自身の重さを受け止めて、それを動かすって、それだけでかなり負荷がかかる。

 

重力を受けて、立つこと、歩くことをするのは、何十キロもあるものを動かすのと同じこと。

身体というのは、それだけ重さがあるのだから、座りっぱなしや足腰を使わなくなると、身体を動かす筋力が負けるのも頷ける。

 

自分の身体の重さを意識する。

自分の身体の重さに負けない。

そこでふと、足に掛かる荷重にも想像が広がった。

それについては、また今度。

 

寒い夜は、早く寝ましょう!

 

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:00~20:00
 定休日 第3日曜他
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2017 All Rights Reserved.