営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

富士見バーティカルkm2018

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

昨日は遠征で長野県の富士見高原まで出かけてきた。

場所は富士見パノラマスキーリゾート。

学生時代にスキーに来て以来の富士見パノラマ。

冬に来たゲレンデと夏のゲレンデは全く違ったイメージだった。

夏のゲレンデは、リフトを使ってMBT(マウンテンバイク)のコースを走る選手達と、

トレッキング、ハイキングの人で賑わっていた。

年中お客さんを呼ぶ工夫がされていて、感心した。

さて、富士見高原まで来たのには訳がある。

バーティカルkmのレースに参加するためだ。

バーティカルkmとは、「垂直で1000m登る」という条件が備わったコースで行われるレース。

距離はおおよそ5kmで行われる。

その定義については色々規定があってめんどくさいので、

とりあず1000mは登る!と覚えて欲しい。

 

コースは富士見パノラマスキーリゾートのゲレンデを、

入笠山山頂(1955m)まで直登する、6.4km。

久々にゲレンデに降り立って、そのコースを見渡した時、ゾッとした。

振り返れば崖のような急傾斜。

上級者向けコースを直登していく。

コースディレクターの世界のヤマケン(山本健一)さんは「これは下らないレースです!笑」

と言って競技説明で場を盛り上げていたけれど、

登っていて怖くなる傾斜に出くわしたのは初めてだった。

 

右の太いゲレンデを登っていく。

真ん中の電柱の上の方、若干白く見えるのがゴールの山頂。

 

スタート前に参加者リストを見ると、

長野の鉄人宮川さん(富士登山競走入賞の常連、今年は5位)、

シューズメーカー「inov-8」の契約アスリートの大沢さん(同じく富士登山競走では有名な選手)、

加藤さん(山梨県の超有名人、富士登山競走でも実績がある。トレイルランテストセンターを経営)、

それから昨年高校生で総合優勝を果たした、今年大学1年生やら、招待選手が他数名。

ヤマケンさんも参戦!

なんと―!超豪華なメンツ!!!

静岡の港町からふらっと来た無名なボクには、皆さん眩し過ぎる!!

 

しかし、せっかく来たからには、一矢報いてやろうと、

いざ富士見バーティカルのスタート!!

 

初っ端から壁のように立ちはだかるゲレンデ。

スタート直後から先頭を引くことになり、

後ろについて来るのは宮川さん、大沢さんと、去年優勝の大学生。

このペースが結構ハイペースだったようで、後続の振り落としになった。

元々大会のコースレコードを狙っていたので、

ぶっ込んで押せるペースで行ける所まで行くプランだった。

 

2km過ぎで宮川さんに追いつかれ、後ろからは大沢さんに追いかけられる展開。

その後、宮川さんとの差が、詰めても詰めても、詰まり切らない。

距離にして数十メートル。

目の前に居るのに、追いつかずそのまま入笠山の山頂を2位でゴール。

タイムは49分22秒。

大沢さんも3位で、序盤から全く離れてくれなかった。

リザルトはこちら

写真を撮ってこれなかったけれど、山頂は八ヶ岳や遠くは富士山まで見える絶景だった。

こちらは帰りのゴンドラから。

やっぱりここを下から登ってきたって思うと、おかしい(笑)

 

宮川さんとの詰めても詰めても詰まらない差、

それから大沢さんとの振り切れない差に、それぞれの選手のただならぬ強さを感じた。

やはり、全国トップクラスは違う。

地方のロードレースや駅伝では経験することのできない、異次元の強さだった。

そんな選手達と、肺が充血して口の中に血の味がするほど苦しいコースで、

夏とは思えない程涼しく、快適な気候の中で、

全力で戦えて、本当に楽しい時間を過ごすことが出来た。

苦し過ぎるのに、最高に面白いレースだった。

ちなみに、1、2、3位までの3人が大会新記録のタイム。

僕の初っ端からぶっ込む作戦が効いたようで、コースレコードを一気に4分程更新する結果だった。

しかし、トップは宮川さんに獲られてしまったので、

来年またコースレコードと優勝を狙いに行きたいと思う。

 

富士登山競走、富士登山駅伝、昨日のバーティカルを走って、今後の方向性が定まった。

「登りに特化した体作りをする」

もうトラックやロードは、登りの練習の一環でいい。

平地は捨てるくらいのつもりだ。

登りで結果を出すためだけに、トレーニングしてみようと思う。

強みに集中して、一点突破。

程々の結果しか出ない競技生活を何年も続けても、程々にしかならない。

地方の大会で勝っても、狭い世界で収まってしまう。

そんな平地のレースに何年も出続けても、成長しない。

 

僕は今まで地方でしか走って来なかった。

だから富士見バーティカルで準優勝して、表彰台に上がっても、

「あんた誰?」みたいな印象を持った方も多かったはずだ。

そろそろ、そんなローカルな、水面下のような、インディーズのような域から脱したい。

ついてきた家族も富士見パノラマスキーリゾートを満喫したようで、

大収穫の遅めのお盆休みだった。

また行くよ!富士見バーティカル!

長々と有難うございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2018 All Rights Reserved.