営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

飛び込む勇気

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

昨日は9カ月ぶりのレース、パワーブリーズカップへ。

ドリームアシストクラブ「パワーブリーズカップ」

豪華なゲスト、MC、ペースメーカー。

終始和やかでありながら、会場の雰囲気は緊張感もあり、

共にレースを走り切るランナー同士の一体感もある。

そして、みんなレベルが高い!

 

今年のトラック、最初にして、最後になるかもしれない。

1500m、13:30スタート

 

5000m、15:30スタート

 

どちらも感覚は良かった。

ここ何年かで、一番良かったかもしれない。

ただし、どちらも突き抜けられなかった。

これに尽きる。

 

1500mは4’05”くらいはいけるんじゃないかと踏んでいた。

4’00”の練習はしてきていないし、4’15”じゃ緩すぎる。

でも4’05”ならいける。

大会側が用意してくれていたペースメーカーが4’00”(たむじょー)、

と4’15”だった。

 

4’00”にはつけない。

僕の頭は最初からそう考えていた。

その通り、スタートから追わず、

僕はペースメーカーとペースメーカーの間を単独で走る形になった。

それが結局、4’15”のペースメーカーのペースメーカー的な位置取りになった。

ラップはきれいにまとまったけれど、

壁に当たる所まで持って行けないトライアルになってしまった。

動きが止まらない感覚は気持ち良かったし、

春からの走り込みで体が変わったのは十分に分かった。

 

5000mは、15’10”~15”ぐらいで走りたいと考えていた。

そこより上のタイムは、まだ考えられなかった。

ペースメーカーの設定は、14’40”、15’00”、16’00”。

ここで、15’00”には着けないと思ってしまった。

1500mも同じで、着けるのに、

または行けないと思っても、実は着けるのに行かない。

勇気が無い、臆病者なのだ。

14’40”ペースは今の自分にはどう見ても速過ぎるとして、

15’00”なら途中までも着いて行った方が楽だったかもしれない。

14’40”にも、15’00”にも着かなかった僕は、当然単独走。

最初から最後まで、完全にひとり旅。

単独で刻んだにしては、よくまとまったし、

以前よりもラップの落ち込みが少なくなった。

1周あたり、もう2秒に、僕は勇気が無かった。

200mで1秒、100mで0.5秒。

そこに飛び込む勇気すらない自分。

その自分に、正面から向き合うことになったレースだった。

良くも悪くも、崩れない、崩せない。

突き抜けられない。

 

春から走りこんできて、最終課題がこれだ。

体の仕上がりは申し分ない。

スパイクだって履きこなせる脚になった。

最後は、自分の殻を打ち破ることだ。

 

地方はコロナパニックの中で、

レースを走るチャンスをくれた大会側、

運営スタッフには本当に感謝している。

開催だけでなく、素晴らしい雰囲気の大会だった。

鍛え直して、来年も脚を運ぼう。

 

最後に、東京のコロナは、終わってたよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.