営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

腕から全身を変える

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

先日、年1回、いや3年に1回あるか無いかぐらいの、マジなキャッチボールをした。

感覚はあっても、肩が全くできていない。

体の状態と感覚をすり合わるうちに、肩のスタミナが尽きた…笑

 

走ることとすり合わせみれば、1年に1回や3年に1回しか走らなかったら、

そりゃ1kmでもきついだろう。

昔取った杵柄とばかりに、昔の感覚で走ったら、

心肺機能が打ち上がるか脚が終わるだろう。

 

しかし、スタミナが尽きたと言えど、

意外にも痛みなどの不具合無く投げることができた。

 

現役時代、オーバーユースシンドロームで、

競技生活の半分は肩の痛み、肘の痛みと付き合いながらだった。

それでも、投げ続ける事で投げる機能を保っていたので、

引退して投げなくなって、肩の筋力や腱、軟骨や関節包、靱帯の強度が落ちてくると、

まるで投げられなくなった。

 

投げられないので、投げない。

もう再起不能である。

しかし、ここ1年半、毎日のように鉄棒にぶら下げる習慣をつけて、

超久々に投げてみたら、すんなり投げることができた。

 

投げ込みを続けたら、

コンディションの良い今なら130kmぐらいは出る気がする。

 

久々にキャッチボールをした後から、筋肉痛が始まった。

腕が飛んでいくのを引き留める筋肉や、

肋骨の上で肩甲骨をスライドさせて止めておく筋肉やら、

普段は使わない所が筋肉痛になった。

まぁまぁ切ない痛みである。

 

その筋肉痛を抱えたまま走ったら、腕振りが変わった。

 

元々、僕は腕振りが苦手。

しっくりくる動きを見つけては、見失いの繰り返しをよくやる。

ほんの少しの角度の違いで、体の動きがすごく変わるのが腕振り。

ハマると楽に走れるが、外すと基礎体力でカバーしようとして、力みが出る。

 

腕振りが苦手だったのは、

オーバーユースで左腕の内旋・外旋の自然な動きが、破たんしていたからだろう。

それが、鉄棒とキャッチボールで、失われていた動きが息を吹き返した。

 

スパイラルモーションの復活である。

スパイラルモーションが肩甲骨を動かし、脊柱を動かし、

腰背部を伝って骨盤を動かし、股関節まで伝える。

内外旋の動きは、全身を連動させる。

連動がまた、スパイラルを作る。

パーツ、パーツに頼った出力ではなく、

全身の各部位が協働して運動が起こる。

疲労感は少なく、スピードが上がる。

動きに余裕が出てくる。

力みが減ると、腹腔のスペースが感じられて、呼吸も楽になる。

あまり末端に意識を置くと良い事が無いので、

スムーズに動いているのを感じる、というのがポイント。

腕振りが力んでしまう。

長く走ると肩が痛くなる。

そんな人は、スパイラルモーションを取り入れてみてはどうだろうか。

水銀の体温計(今は無いか…)を振るように、、、、

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.