営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

第72回富士登山競走山頂コース(5合目打ち切り)

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

悪天候のため、山頂コースも5合目ゴールにコース変更になった今大会。

あるある。

そういうことは、今年の富士山は特に多い。

1分1秒で天気が変わる。

だから、5合目打ち切りだってあるんだという事を、

頭の隅に少しでも置いておいたおかげで、

スタート1時間前のコース変更でも動じずに済んだ。

(写真はゴール後の富士吉田市民会館)

富士山はテーマパークではない。

風雨以外にも落雷や落石だってある。

逃げられない状況になる前に、主催者も苦渋の決断をしたのだろう。

事故が起きれば、大会の存続すら危うくなるのだから、

山頂コースを5合目打ち切りにした事は勇気ある決断だと思う。

 

で、今年の富士登山競走の山頂の部(5合目打ち切り)は、

1時間28分29秒で14位、でした。

気温と湿度の関係で、極めて記録の出にくい条件だった。

日本一決定戦に相応しい顔ぶれが、勢ぞろいした今年の大会。

レース前は、15位ぐらいなら相当良くて、

20位や25位でもおかしくないメンツが勢ぞろいしてると書いた。

実際、26位の選手は駒沢大→トヨタ自動車というエリートランナーである。

(おそらく9月のトレイルレースで戦う事になる)

 

(なんかひとりでかいな)

なら14位ならいいじゃないかって?

走ってみて感じた。

もっとやれたなと。

失敗レースだったなと。

 

(同タイムフィニッシュで先にゴールとなった彼は、フルマラソン2時間11分、ウルトラマン6時間40分)

 

 

トレーニング積んで、地力をつけることはもちろん、コンディション調整、

シューズ選び、ウェア選び、補給、ペース配分、レース運び、仕掛け方、

その全ての総合得点が、タイムと順位に反映される。

準備力+実戦力の総合得点だ。

 

14位は、14位らしい失敗の仕方で、

今の自分をきっちりと映し出してくれた。

 

一番の失敗は、武器にしていた「シューズ」の選択。

武器にしていたものでコケるなんて、恥ずかしい。

一昨年は、柔らかいマラソンシューズが岩場の突き上げに負けて、脚力を奪われて失速。

柔らかいとグニャグニャして疲れるので、

「石や岩を踏んでも曲がらない硬さ」が必要だと感じた。

その教訓を活かして、昨年はスピードモデルのトレイルシューズで、記録と順位を伸ばした。

今年は、もっと上を目指すために、「もっと硬くて軽いシューズを!」という事で、

ロードモデルのアウトソールもミッドソールもかなり硬いものを準備した。

5合目までの約15kmのうち、11kmはロード、4kmが山岳コース。

ロードは硬いソールのおかげでかなり走りやすかった。

コース短縮の分、ハイペースになるのを恐れずに、攻めることも出来た。

 

問題は山岳区間が始まってからだった。

従来、ここからが自分の強みで、順位を上げていくところ。

しかし、硬さを重視して選んだソールが硬過ぎて、不整地との相性が悪く、一向にペースが上がらない。

石の上に板を置いたようにグラグラしてしまう。

このグラグラで脚を消耗してしまい、

山岳区間に入ってからペースを上げるどころか、結局4つ順位を落としてしまった。

 

どんなシューズを選び、どんな場面で使うかの判断力、準備力に問題があったのだ。

シューズはこれっぽちも悪くない。

14位という順位は、なるべくしてなった順位である。

 

アウトソールは硬く、ミッドソールにグラつきを埋める厚みと柔らかさがあるものがいい。

来年はNBのトレイルシューズ再販を期待するか、サロモンか、モントレイルかな。

ホカオネのカーボンいくかな。

2度失敗して、ようやく景色が見えてきた。

なお、これは全てのランナーに当てはまる話ではない。

足の置き方や、走り方、体型、体重によって変わる。

大型で重量級の自分には、それが良いのではという話。

 

例年は宿が取れずにネットカフェで、

ドリンクバーのソフトクリームをぺろぺろしながら夜を明かすのに、

今回はご厚意で前日から山中湖の会員制のリゾートホテルに泊まれたり、

「ランナーズ読みました!」という声を沢山の方に掛けてもらったり、

FBでメッセージをもらった方に実際にお会い出来たり、

色んな方に助けられて大会を楽しむ事ができた。

 

また来年、山頂コースで勝負!!

富士登山シリーズ戦、個人戦は終了。

来週は舞台を御殿場に移して、駅伝でクラブチーム日本一決定戦。

 

美味いカレー食ったし、透き通るような近い空に癒されて、今日の所はお終いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.