営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

相関と因果の洗脳地獄

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000507-san-sctch

「朝食抜きは良いことなし 学力低く、脳出血リスク4割高、冷え性率も2倍に…」

 

情報があふれている昨今、情報を取捨選択して確かなものを見極めるチカラが問われている。

Yahoo!ニュースに、冒頭の見出しの内容のものが載った。

冷静に、当たり前のことを当たり前に読むと、内容がちゃんちゃらおかしいことに気が付く。

一見相関関係にあるように見える2つの事柄は、関係性があるという前提に立った見方をすれば、関連があるように見えてしまうのだ。

 

ようは色眼鏡をかけて物事を見ると、本当のこと・本質的なものが見えなくなるということ。

間違えてはいけないのは、「相関関係にあること」と「因果関係にある」ということは全然別物だということ。

 

朝食を食べていないデータと、学力、脳出血、冷え性のデータは、関係性があるように見せて、実は全く因果関係がない。

「原因と結果」がきっちり結びつくのが、因果関係にあると言える。

確かであるということ。

 

相関関係にあるというのは、例えば2つの事柄で1つが動くともう一方も動くということ。

ただし、関係性を左右する様々な条件を排除しきれていないと、相関関係にあるとは言ってはいけない。

 

よくある間違いが、ランナーのタイムと体重の関係性について。

「タイムと体重は相関関係にある」と一般的に言われているが、因果関係ではない。

関連はあるが、確かではなく、色んな条件によって結果がかなり左右される。

「軽くした方が速く走る効率は上がるが、軽いランナーが速いのではない」と言ったところか。

 

冒頭の「学力低く、脳出血リスク4割高、冷え性率も2倍に」というのは、そういったことを引き起こす生活習慣をしている人の傾向として、「朝食を食べていなかった」という見方がフラットではないだろうか。

 

ここを見間違うと、事実無根の洗脳地獄にはまっていくので要注意。

情報は全部疑ってかかろう。

残念な情報は斬っていかないとね!!

 

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2017 All Rights Reserved.