営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

トラックから夏のマラソン練習へ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

土日の静岡県選手権が終わり早2日。

僕は土曜日の5000mだけだったので、3日目か。

日本一暑い36℃だった静岡で、熱風が吹く中での5000mは、

収穫が2割、納得いかないというのが8割。

2割の収穫は、暑い中でもトラックを走り切れたこと。

夏は汗をダダ洩れさせながら走る僕は、暑さに弱い。

汗をかけるぶん体を冷やせて、暑さでも潰れることはないが、

血液の濃度が変わってしまうので、酸素を運ぶ働きが落ちる。

スピード勝負のトラックで、汗っかきは不利なのだ。

 

暑いな、暑過ぎるなという気はしたが、

体調はかなり良かったし、

脚の力の溜まり方、疲労の少なさといい、

順調な仕上がりでスタートラインに立つことができた。

 

厳しいコンディションながら、走れないという気がしなかった。

でも走り始めてみれば、気温と強風の影響はもろに受ける。

以前なら大崩れしてボロボロだっただろう。

でも、今回は終盤に向けてペースダウンしながらも、レースにはなっていた。

 

昨年から、ゼロからやり直す!と決めて、

走り込んできた基礎があったからだと思っている。

今年は3年計画の2年目。

明らかに昨年や一昨年とは違う水準になっている。

 

一方で、ペースを維持するためのフォーム(感覚)は無いようなもので、

それを支える骨格の動きはまだまだ硬く、

呼吸関連筋は消費に追いつけずにオーバーヒート。

横隔膜や腹斜筋が痛くなってしまった。

終盤に行くほど余裕が無くなり、

最後はペースダウンを食い止めるだけ。

 

何が必要かというと、大きく体を使えることと、弱すぎる腹回りの強化。

もっとやれるはず。

納得いかない。

その悔しさが8割。

夏はマラソンを走れるための走り込みをしながら、

動きの質は落とさないように、

ドリルやコアマッスルをやり込む期間。

 

静岡県選手権5000mは、

トラックとマラソンをつなげる橋渡しになる良い機会だった。

チームのメンバーも東海選手権行きを決めたり、大健闘。

切磋琢磨する仲間に刺激を受け、時に力をもらっている。

暑さに負けるな!

と言いながら、今日は疲れが出たので久々のランオフ。

明日からまたトレーニング頑張ろ。

この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2021 All Rights Reserved.