営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

アッパーが大事

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

色んなランニングシューズを履いてきて、

ソールがイマイチっていうのは、ほぼゼロだった。

ここがもうちょっと、こうなれば・・・

っていうのはあったけれど、それは耐久性や溝の深さ、

地面との噛み具合といったもの。

 

硬さや素材の感触で合わないと思ったことはない。

 

このシューズ合わないな、というものや、

足にトラブルを起こすものは、

アッパーの作りと足が合っていないことが多い。

 

足の甲をすっぽりと包み込む、シューズの布の部分。

ソールよりも、大事なパーツだと考えている。

(細かく言うと、それぞれパーツが組み合わさってアッパーはできている。)

 

素材の柔らかさ、

甲の高さ、

つま先の収まるスペース、

踵の収まるスペース、

ホールドされる部分の当たり方、

 

ソール(靴底)の素材や形状ばかりに注目しがちな所があるが、

シューズのマッチングの7割はアッパーが決めている。

 

最近のランニングシューズは、

縫い目の無い一体構造のフライニットや、

接着でアッパーが作られているものが多い。

パーツの縫い付けではなく、貼り付け。

ロゴはプリント。

 

足当たりは柔らかくなった。

だからこそ起こってくる問題が、サイズのミスチョイス。

店員が在庫を出してくる店では、ジャストフィットで履かせたがる。

 

足は体の動きによって形を変えるので、

シューズの中で多少動かなければならない。

ジャストフィットだと、窮屈なサイズを選んでしまい、

その後に様々な脚のトラブルが生じる原因になる。

 

窮屈なぐらいなら、大きくて足が遊んでいる方がまだいい。

爪先が内出血を起こす黒爪も、シューズ内で足が動くからではなく、

動くスペースが無くて起きている。

 

余裕のあるジャストフィットに出会うまでは、時間が掛かる。

例えば、「自分のサイズは26.5cmか27cm」と思っていると、

27.5cmを履いてみようとは思わない。

 

僕もずっとそうだった。

10年以上、27.5cmをずっと履いてきた。

ものによっては28cmかなぁと。

 

でも、今では28cmか28.5cmしか選ばない。

ここ3年ぐらいで、基準が大きく変わった。

ジャストフィットは、動きの取れない状態ではなく、

形の変わる余地を残したサイズである。

 

試し履きして、ピッタリだと思ったら、ハーフサイズ上も履いてみて欲しい。

ブカブカじゃなければ、大きな方が足に合っている。

もちろん、踵のセットや、紐の調整をして履いてみての話。

 

ずっと27.5cmしか無かった僕のシューズは、

28cmが3足、

今では28.5cmが4足もある。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.