営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

冷え・浮腫み・塩

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

冬らしくなってくると、季節が進んでいることが感じられる。

寒くなる程に、妙に嬉しい。

変化があるということ自体に、面白さをはらんでいる。

寒い寒いと言いながらも、死ぬことは無い。

ましてや、ここは静岡である。

どんなに寒くても、暖かい地だ。

 

そんな静岡にも、手足が冷える人はいる。

僕も末端が冷える事がある。

冷えが強い時は、大概手足が浮腫んでいる。

浮腫みの実体は、水である。

水は温まりにくく、冷えやすい性質がある。

身体に水が溜まると、冷えやすくなる。

冷えるから水が溜まるのか、水が溜まるから冷えるかはさておき、冷えと水はイコールで結ばれる。

 

寒い時に身体を温めるような食事の代表と言えば、鍋だ。

また、寒い地方には濃いめの味付けが多く、味噌の種類にも傾向が現れる。

鍋にしても味噌を使った料理にしても、塩が身体を温めてくれる。

時に悪者にされる塩分だが、無くてはならない有益なものである。

 

だが、塩分の摂り過ぎは冷えにつながる。

血中の塩分濃度は常に一定に保たれるため、塩を多く摂ると身体が水を欲する。

水を多く貯めることで、濃度を保つ。

これはこれで、素晴らしい機能であるが、これが冷え性の原因になる。

沢山の水を温める必要が出て来るので、体熱産生が追いつかなくなる。

身体の中心部の温度を保つために、末端の手足の血管を絞って血流を制限する。

 

やかんに沢山の水を入れると、沸すのに時間が掛かるのと同じ原理。

塩は身体を温めてくれるが、浮腫むほどでは冷やすことにつながる。

浮腫んで冷えを感じる人は、塩分を意識して減らしてみるといい。

 

やたらトイレが近くなって、、、、脱水できる(笑)

 

塩加減という言葉はあるのに、砂糖加減という言葉は無い。

塩の加減こそ、非常に繊細で、料理だけでなく体調を左右するカギ。

(砂糖も体に留まるには水を含むので浮腫む)

 

何を食べるか、何をするかより、何をしないか、何を入れないか。

 

足指のシワを見て、シワの多い時と少ない時では、必ず冷え方が違うはず。

今日から、足指の表情を見てあげてください。

 

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:00~20:00
 定休日 第3日曜他

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2017 All Rights Reserved.