営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

膝の奥は深い

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

昨年12月から、継続的に施術をしている方がいる。

ベテラン女性ランナーで、走力もしっかりしている。

 

昨年の9月に膝を傷めてから、全く走れなくなってしまった。

整形外科での診断は、内側半月板損傷。

オペはせずに、保存のまま、何とかならないかということだった。

これまで通り、フルマラソンを続けたいけど、

どうしていいか分からないという事で、相談を受けたのがスタートだった。

 

傷めてから僕の所へ来るまでの間、

整形外科では、膝の水を抜いてヒアルロン酸注射をする、

という処置を何度も受けていたらしい。

ヒアルロン酸注射よりも、膝の中の水の方が、

受傷部位を修復する力があるのに…

残念ながら、ほとんどの整形外科は注射場と化している。

いい先生を見つけるのはなかなか難しい世の中だ。

 

また走れるようになるまでの道のりは、コツコツやるしかない。

・施術で癒着を取る事と、関節の動きを整えること

・体の動きを覚え直すこと

・関節を強化すること

 

その過程では、何度も膝の炎症を起こす→治めるというプロセスも要る。

 

まずは歩く事から始め、段々と走りに移行していった。

3km走っては痛みが出て、それが治まってからは5km走っても痛まなくなった。

10km走っても痛まなくなった時、相談のメッセージが来た。

 

ハーフマラソンの大会に出てみたいと言うのだ。

棄権するつもりでいたけれど、この状態なら走れる気がする。

どうでしょうね?

といった感じの内容だった。

 

関節の強度は上がってきていたので、僕はGOサインを出した。

トレーニングの中断期間が長かったので、

練習不足から脚力を使い果たしたり、レース後に動けなくなるのは覚悟の上。

それと痛めた膝は、問題が違う。

筋疲労と関節のコンデションは分けて考える。

 

結果、きっちりハーフマラソンを走り切った。

途中もゴール後も、膝の痛みは無い。

ただし、ゴール直後は脚が固まったそうだ(笑)

 

おススメしたシューズも、早速買って履いてくれていた。

流行のナイキでも、アシックスでも、アディダスでもない、隠れた名作。

いずれはそのシューズも記事にしたい。

 

名古屋ウィメンズマラソンを走りたい!

という希望からスタートした、膝のリモデリング。

途中「今シーズンはもう諦めてます」なんて言ってた開き直りが、

心の余裕になって、フルマラソンまで見えてきた。

 

その後、全く同じ診断を受けた旦那さんが相談に来た。

右膝内側半月板損傷。

160kmのトレイルレースに出て完走したい!!のだそう。

課題は山積みです。

患者さんに日々育ててもらっている。

毎日が千本ノック。

 

自分も大怪我した右膝が、こんなに役に立つなんてね。

膝は奥が深い。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.