営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

疑問を持つクセをつけろ

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

ここ10年で、世に流れる情報量は格段に増えた。

量が増えれば、質は下がる。

滅茶苦茶なこと言ってたり、俗説や噂話が独り歩きする。

だから、現実をつかむには、取捨選択する能力が必要なんだ。

ということは、繰り返し書いている。

 

自分の頭で感じる・考えるというステップを踏まない人間は、

切り取られた限定的な情報でパニックを起こす。

 

判断するには不十分な情報だけで、早とちりする。

客観的な情報から、何も読み解けない。

文面が言っていることは、どんな状況を表しているか。

何が起きているのか。

起きていないのか。

つまり、言い換えれば何なのか。

視点を変えれば、どんなことが言えるのか。

また言えないのか。

 

その時何ができるのか。

自分がすべきことは何なのか。

 

情報に触れて、より広い視点、より高い視点から、

全体像を見渡して判断する力の、

 

欠如。

これがコロナパニックの正体。

 

情報とは、時に文章であり、数字であり、写真や動画のビジュアルである。

ひとりが見聞きしたモノを、より多くの人と共有するために、様々な媒体を使う。

共有するためには、発信する側の表現力と、受け取る側の理解力が要る。

 

両方とも高い力があるに越したことはない。

拙い表現でも、受け取る側の理解力や、

不足している情報を引き出す「聞く力」があれば、シェアが出来る。

しかし、どんなに分かりやすい表現をしても、

受け取る側の器が小さければ、伝わるものも伝わらない。

 

情報に触れながら、順を追って状況をイメージする。

膨大な情報から、要するに何かを整理する。

義務教育で身につけなければいけないのは、この力だ。

 

様々な教科の中で、繰り返し練習する。

一番大事なのは、やっぱり国語。

算数ができないのは、計算が苦手なのではない。

問題の意味がわかっていないからできないのだ。

他の教科も、全部同じ。

 

コロナ騒動が始まってから、

情報の不十分さや、数字の偏り方、

そこから報道される内容に、違和感しかない。

 

そんな内容に、何の疑いも持たない人間が、

一定数どころか、相当数いるという現実。

「~らしい」という思考停止。

「~しなければならない」という正義。

その人間たちに、目の前の現実は見えない。

どういう理由でそうなっているか、理解も出来ない、考えようともしない。

 

何かに触れて、疑問に思う。

ただそれだけのことから、わかろうとするステップが始まる。

疑問は多ければ、多いほどいい。

自分で調べ出すと、見える世界がどんどん広がっていく。

 

そして、不都合なことを隠していることに気が付いたり、

複雑で難しそうなことが実は簡単なことに気が付いたり、

化けの皮や偽りの顔も見えるようになる。

偉そうな人が、ただ偉そうにしているだけ。

なんて、、、、ことも、、、ある。

 

まぁそういったことはあくまで脇役。

疑問に思うことで、知る面白さが広がる。

世界が豊かになっていく。

 

そういう意味では、

コロナパニックに陥っている日本は、

物質的には豊かであっても、

知ろうとするという知的水準は、相当に乏しいのかもしれない。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.