営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

朝日を拝む

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

富士山シーズンは、回復のために朝練習は控えていた。

登りのトレーニングは、動かない体で挑んでも、負荷を掛ける事ができないから。

やる時はしっかり、休むのも同じぐらい重要。

 

富士山シーズンが終わった後は、

日の出と共に起きてトレーニングすれば1日を長く使えたのに、

それがなかなか出来なかった。

 

こう暑いと、日中はトレーニングにもならないので、朝晩を使うしかない。

 

僕の起きられない言い訳は、敷布団(マットレス)が悪い!

だった。

1年前に新調した、厚みのあったはずのマットが、せんべいさんなのである。

フローリングの上に直に敷いていると、床の硬さをもろに感じる。

食パンを手のひらで押しつぶしたように(そんな事しちゃダメ)、スポンジがペタンコだった。

 

厳密には、マットが悪いのではない、僕が悪いのだ。

過去には厚さ15cmという極厚の敷布団ですら、ペラペラにしてきた。

同じ布団を使っている妻、実家の父親のものは、長く使ってもフカフカなのに。

 

なぜだ!!

なぜ僕が使う「敷くモノ」は、せんべいさんになってしまうのか!!

ちなみに、座布団やクッション類も、

使っているうちに3分の1~5分の1ぐらいの厚さになってしまう。

 

寝ても寝ても、板敷きの背中の痛さで起きられないので、

思い切ってまたマットレスを買い直した。

それも、本来ならベッドに使うマットレス。

厚さ22cm、重さ16kg。

 

飛び跳ねたって、床の硬さを感じない!

 

マットレス替えてから、ビックリするぐらい体が休まるようになった。

結果、早起きできるようになった。

早く起き過ぎるので、ちょっと二度寝してから起きている。

 

この夏、朝の体の痛さで、損をしたなと、反省。

もっと起きれたなと。

三文をどれだけ捨てたか。

 

非常に寝心地は良いけれど、

寝る前に敷いて、起きたら壁に立て掛けるのが結構メンドクサイ。

君だけは、せんべいさんにならない事を祈っている。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.