営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

故障しない身体作り

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

始めた頃はかなり緩やかな始まりだったが、

走るという事に取り組み始めてから、もう15年ぐらい経つ。

その間に、故障は一度も無く、負傷は1回。

 

故障とは、外傷を伴わない障害。

怪我とは、骨折、捻挫、脱臼、打撲、挫傷。

 

切ない痛みに見舞われた事も無くはない。

できるだけ、酷くなる前にかわしてきた。

 

体を動かすという事が、すり減らすようなイメージをもつ日本人は多い。

一方で、動かさないと使い物にならなくなるという事を、

体感や経験としてもっている人もいる。

 

人間の基本動作である、歩く→走るの繰り返しで体に支障が出るのは、

体の使い方に問題があるからだ。

こう使う、こう動く、というデザインに反した使い方をすると、

体に掛かるあらゆる物理的エネルギーは、組織を破壊する。

 

間違った使い方をすると、壊れる。

たったこれだけのシンプルな現象に、なかなか気が付けない。

気が付けないと、解釈が歪んでくる。

 

僕自身、故障はゼロと言えど、体の使い方は上手くない

ダメな所は相当ある。

現在進行形で、修正している最中である。

 

そんな僕でも、故障しなかったのは、

関節や腱を丈夫にするために、トレーニングの8割ぐらいの時間を割いているから。

負荷を受け止められるだけの、土台作りを大事にしてきた。

 

速くなる、強くなるためにどうするか、という事を追うと、

体に受け皿を作ることが、おろそかになる。

一足飛びで、上を上を目指しがちだ。

でも、次第に負荷が上がっていくと、筋腱、靱帯、軟骨が悲鳴を上げる。

そこに、間違った使い方の破壊的なベクトルが加われば、状況はさらに悪い。

 

慎重すぎるぐらい、段階的に。

焦ると越えられないものも、時間を掛けると体が受け入れてくれる。

 

筋力を上げる前に、スピードを上げる前に、まず関節を作る。

この視点が、どの指導者にも、トレーナーにも、セラピストにも欠けている。

 

ランニングと、関節を扱う整体は、相性がいい。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.