営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

合成繊維と戦う

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

今年の甲子園では、何回泣いたことか…涙

今夜の熱闘甲子園も忘れずに!!

 

ほぼ毎日走るので、毎日汗だくの洗濯物が出る。

ウェアはほとんどが合成繊維で、軽く着心地が良い。

速乾性は干してるときの乾きが良いぐらいで、

動いている間に良さを感じた事は無い。

 

すっかり定着した合成繊維のウェアたち。

唯一の欠点は、一定期間使っていると、病気になっちゃうことだ。

 

病気!?

そう、病気。

 

多分、呼び方は地方ルールがある。

洗って乾かした時は全く何も臭わないのに、

汗や水で濡れると独特な臭いを発するあの現象!

 

汗が臭いんじゃないんだよ。

服が臭くなるんだよ。

俺じゃない、服のせいだ。

素っ裸の俺は臭くない。

 

一度臭くなる現象が起こると、もう治らない。

洗濯では、症状が表面上消えるだけで、治ってない。

 

バクテリアのせいだ。

バクテリアが住むともう、ダメ。

特に、汗で濡れたウェアが乾く程に、臭気が増していく。

 

これまで、ありとあらゆる試行錯誤を繰り返してきて、

漂白したり、重曹入れたり、酢を入れたり、鍋で煮たりした。

(鍋で煮るのはかなり効果的だったけれど、数週間でバクテリアが復活した)

病気が進行すると、戦力外通告で、捨てる事になる。

 

どうにかならんかなと、いつも考えてた。

そんな時「合成繊維は皮脂が奥に入り込んで落ちにくい。

それがバクテリアのエサになってニオイが出る」という洗剤のCMを目にした。

 

そうか。

そうなのか。

だったら、皮脂を落とすか、バクテリアが食べれなくしてやればいい。

 

それから、汗だくのウェアは、

「ウタマロ石鹸」で手洗いしてから洗濯機に入れるようになった。

夜出た洗濯物も、石鹸で手洗いして泡まみれのまま洗濯機に入れておいて、翌朝回す。

石鹸漬けにしておけば、皮脂が食われる事が無い。

 

それをするようになってから、既に病気だったウェアのニオイが、明らかに変わった。

きっと治ってはいないけど、100が15ぐらいになった気がする。

 

すげーよ手洗い。

すげーよウタマロ。

もう手洗いにハマっちゃって、洗濯板が欲しいぐらい。

洗濯機も要らないかもしれない。

いや、脱水に必要だな。

 

走り終わった後、シャワーを浴びながら手洗いする時間が、結構好き。

 

合宿の時、病気にかかったウェアをウタマロで手洗いして、

天日に干してまた着て、汗だくになっても、症状でなかったな。

手洗いだけでイケんじゃね?

 

ランナーズエチケットとして、お試しあれ。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.