営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

原理原則以外通用しない

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

当たり前、

常識、

疑う余地の無いもの、

当然の価値観、

前例を踏襲した考え方、

 

それが既成概念。

 

ピッチャーは肩を冷やすな!

プールなんてもってのほかだ!!

と日本で言われていたその昔、

アメリカでは投球後にアイシングをして、

毛細血管からの出血と炎症を防ぐケアが常識になっていた。

 

桑田さんがアイシングを日本に取り入れて、投げた後に肩を冷やしたら、

今度はアイシングをしないのは非常識だとばかりに、みんな肩を冷やすようになった。

捻挫や打撲後の応急処置である「RICE(安静、冷却、圧迫、挙上」の応用で、

使った後や受傷後はとにかく冷やせ!というのが日本に浸透した。

冷やさないとダメ、それが当たり前になった。

 

肩は冷やしたらダメだから、体育の水泳の授業はピッチャーは見学。

そんな時代があって、それを高校野球の監督が目の色変えてマジで言ってたわけだ。

イタイ、イタ過ぎる。

次は、「そんな事あったよね、今はアイシングが常識だよね」って、

聞きかじってきたアイシングを、日本全国でもう30年やってる。

 

その間に、体のケアや応急処置の考え方や解明は随分と進んでいて、

「冷やす必要なくね?」

 

という事に気が付き出した。

従来なら冷やす事が回復を早めるとされてきたけれど、

どうもそうじゃない。

 

冷やす事で炎症を抑えても、冷やすのをやめたら炎症は起こる。

炎症反応が無いと、体は自分を治せない。

冷やすことが、治癒のプロセスを先延ばしにして、回復を遅らせる事になる。

炎症は必要なのだ。

 

だから、RICE処置の冷却も、必須ではない。

冷やしたからって、回復は早まらない。

冷やす事で痛覚を鈍くして、痛みを和らげることは出来るけれども、

その後結局は炎症が起こるので、冷やすのやめたら同じように痛い。

冷やし続けると永遠に治らないので、

 

「冷やす必要なくね?」

 

という事になる。

アイシングは絶対と考えてる指導者が、今度はイタイ。

残念ながらそれが現実で、目の前にある体の中で起こっている、治癒のメカニズムである。

 

元来、日本人は緻密に計算したり、原理を解明したりして、

試行錯誤を重ねた研究が得意な民族であった。

それが、スポーツや教育の現場では特に、

誰かにガイドラインを示してもらわないと、

指導する側が行動できないようになっている。

 

モノサシを与えてもらわないと、判断できない。

考えているようで、全然考えていない。

誰かが言ってた事を引っ張ってきて、それっぽくしてるだけ。

 

なぜ、そうするのか。

どうして、こうなるのか。

だから、どうするのか。

 

ハッキリ言って、それを考えてる指導者に、会った事が無い。

あれが良い、これが良いって、方法論ばかり持ってくるか、

アップデートされない植え付けられた既成概念を、また植え付けてる。

 

考えないで上手くいく事なんて、無いよ。

考えてない指導者が、考えてプレーさせることはできないでしょ。

正しく生きるよりも、賢く生きないと。

その正しさは、正しくないのかもしれないのだから。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.