営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

低酸素か低気圧か

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

30km走やったる!

ってイキってたのに、途中でお腹痛くなって、12kmでドロップアウト。

一度痛くなると、その後ずっと痛いんだよなぁ…

実はここ1週間ぐらい続いてて、どうも生命力が落ちているような気がする。

 

ダウンジョグもやっと!

これぞ、富士登山駅伝ロス!

後を引く疲労とダメージ。

大人しく白湯でもペロペロしとこっと。

 

さてさて、今朝は不甲斐なく走れなかったので、

余った体力を使って考えた事を書いてみる。

 

例年の如く、今年も富士山に通い詰めた。

高地に居る時間はそう長くはないけれど、帰ってくると平地で走るのが楽になる。

傾斜のある場所から、平地になったからという条件の違いを差し引いても、

呼吸から体の動きまで楽になる。

 

少なくとも週に1度ぐらいのペースで通っていると、富士山の環境にも慣れてくる。

 

この時、何が起こっているのか?

考えやすいのは、酸素の薄い状況に慣れてくるんじゃないかという事。

ヘモグロビンが増えて、、、とかそういう話。

低酸素室でのトレーニングって、最近普及し始めているでしょ?

あれは酸素の薄い状況下でトレーニングする事で酸素の運搬能力を上げて、

運動能力を伸ばそうっていう取り組み。

 

継続すれば、それなりに効果はある、、、、とは思う。

 

でも、何度も高地に行って、

経験している身としては、低酸素が重要じゃない気がするんだよね。

平地に帰ってきて、体が楽に感じるキーになっているのは「低気圧」じゃないか。

 

標高3000mぐらいで締めたボトルは、下に帰ってくるとペシャンコに潰れる。

割れて欲しくないボトルは、緩めに蓋を締めて下って来ないと、気圧の差で壊れてしまう。

反対に、下から持って行ったブラックサンダーの袋は、山頂で食べる時にはパンパンに膨らんでいる。

 

袋やボトルだと目に見えて分かりやすい。

同じ事が体にも起こっているはずだ。

 

低気圧下では血管が拡張し、低血圧になる。

狭い川幅から広い川幅になると、同じ水量なら流れが淀むのと同じ。

血液の流れがゆっくりになる。

そこで低酸素の条件が加わると、

入ってくる酸素が少ない上に血流がゆっくりなので、

全身に酸素が行き渡るのに時間が掛かる。

 

通常、運動するには血管を収縮させて、血圧を上げなくてはならない。

血管を絞って血液の流れを速くして、酸素の運搬をしやすくする。

ところが、標高の高い所では気圧が低く、血管が拡張してしまうので、

その分のロスを、心臓と全身の筋ポンプが稼働率を上げて、血液循環を確保しているのではないか。

筋肉のポンプ作用が血液循環を促して、心臓の負担を減らしている事はあまり知られていない。

これは平地でも高地でも変わらない。

 

低血圧状態に適応しようとする事で、心臓の拡張・収縮能力、拍出量に変化が起き、

高地から低地に降りて来た時に、体の状態に違いが感じられるのかもしれない。

 

血圧は計測機でモニターしているわけではないので、仮説にすぎないけれど、辻褄は合う。

気圧が低くなる程に、同時に酸素も薄くなっていくけれども、

低酸素下でのヘモグロビンの増加よりも、気圧変化が呼吸循環機能に作用している。

 

ちなみに、高度0mで気温15℃、地上気圧1013hPaの時、

3000mまで上がると気温は-4.5℃、気圧は701hPaまで下がるらしい。

この辺は気温との関係で気圧も変わるので、参考程度に。

高度0mで30℃の時、3000mの気温は10.5℃ですって!

 

低酸素の環境は機械で作れても、低気圧の環境ってバルクシステムが無いと作れない。

高地に勝るものはないなぁ。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.