営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

世代交代の時に

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

日頃、ひとりでトレーニングしている身としては、

ランニングウォッチは無くてはならないパートナーである。

もう何台買い替えてきただろうか。

 

毎日毎日、汗と水にさらされ、ラップを取る度にボタンを押されて、振り回される。

山では時に転倒して打ち付けられ、それでもなお、こき使われる。

それがランニングウォッチの運命!!

平均して、3~4年で皆さんお亡くなりになります。

仕方ない。

ランニングウォッチは、消耗品なのです。

どんだけ大事に使っても、壊れるモノ。

 

ここ何年か、GPS計測と心拍計測の出来る、ポラールのM200を使ってきた。

ロードやトレイルといった、距離のわからない所や、標高差のある場所では、

GPS計測でペースや自分の居る場所を把握することが出来る。

M200は安価ながら、必要な機能を備えていて、非常に使い回しが良かった。

もう、これでもかっていうぐらい、こき使った。

壊れないのが不思議なくらい、メチャメチャに使ってきた。

未だなお、機能は健在である。

この数年の間、M200が無ければ、

僕のトレーニングもレースも、成り立たなかっただろう。

 

そんなM200にも、世代交代の時期がやってきた。

バッテリーの劣化で、充電の持ちがかなり短くなってきた。

カタログの表示では満タン充電の場合、GPSで7時間となっているが、

今では2時間持てば良い方で、3時間まではとても持たない。

フルマラソンや、それ以上掛かるトレイルレースでは使えない。

 

雨の日も風の日も、酷暑でも極寒の日も、

一緒に走ってきたパートナーと離れるのは寂しいけれど、

富士登山競走や登山駅伝、秋のレースでも使えるように、

GPS計測の出来る時計を新調した。

選んだのは、GARMINのInstinct(サンバーン)。

GARMINのランニングウォッチと言えば、ForeAthlete®シリーズが定番。

Instinctは、アウトドアカテゴリのFenixの弟分。

GARMINのGショックといったところ。

耐熱、耐冷、耐衝撃と防水性能に優れ、

中身はGPSも心拍計測もでき、活動量計やスマートウォッチとしての機能もある。

近年は計測機器の進歩が目覚ましくて、何でも数値化、何でも可視化の時代。

自動計測の数値にこだわるランナーは多い。

大事なのは、数字の変化が、何を示しているのかを分析する目。

走行中に距離とペース、標高と心拍の概算が分かれば、それで充分でしょう。

あとの機能は、おまけ。

後からアプリにログを残して、推移を比較したり、指標や目標にすればいい。

必要な機能は備えていて特に丈夫、

バッテリーも長持ち(14時間)なInstinctは、

ハードに使う自分には持って来いだった。

山ではよく転ぶし、堅牢な作りって外せない。

GPSウォッチの弱点は、衝撃に弱いところにある。

走るには軽い時計の方が楽だけど、軽さを取ると壊れやすくなるのは宿命でもある。

 

M200が41gで、トラックで使うスーパーランナーズが43g。

極薄で軽量なスーパーランナーズをM200が上回る軽さ。

Instinctは52gと少し重くなるけれど、バッテリーの容量と頑丈さからすれば、許容範囲だろう。

 

1日いじってみて、ようやく使い方が見えてきた。

機能があり過ぎて、まだ使いこなせない。

5年はもつかな?

それとも、ハードユースで劣化が進めば3年かな?

 

頼もしいパートナーと強くなりたい。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.