営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

ミスが起こる「5つの状況」と自律神経

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

自律神経が、

自律神経が、

自律神経が、

 

って、TVでもラジオでも、SNSでも発信されている。

 

「あなたの不調は、自律神経が原因です」って、よく言うでしょ?

自律神経のバランスが乱れると、人は調子が悪くなるって。

 

だから、こうしましょう。

だから、これがいいです。

みたいなのって、年々増えている。

 

スゴイね、健康産業って。

色んな意味でね。

 

自律神経は生まれてから死ぬまで、常に自律している。

人の体に備わった、自動調節機能。

完全オートメーション。

スゴイっしょ!?

 

腹減った、お腹いっぱい、う〇こしたいというのも、

眠い、ドキドキする、暑い、寒い、この映画泣けるみたいな時も、

全て自律神経の働き。

自律神経って、生命そのもののこと。

心臓の拍動、血液の循環、血圧、消化、吸収、排泄、ホルモン分泌、全て。

 

そこに命があるっていうのが、自律神経が働いているという事。

乱れる、バランスがどうのって、そんな小さな、こじつけた話じゃない。

 

じゃあ、思うように体が動かなかったり、調子悪いのは何でだ、ってなる。

自律神経の働きが乱れるのは、何故なのか。

上手くいかなくなるのは、何故なのか。

調子の悪い状態を、仮に「ミスをする」と置き換えてみよう。

 

ミスは、5つの状況でしか起こりえない。

①余裕が無い時
②自信が無い時
③想定外の事が起こった時
④体調が悪い時(寝不足や、過食、感染症など)
⑤環境が悪い時

この5つの状況に当てはまると、人は緊張状態に陥る。

ひとつかもしれないし、複数や全部かもしれない。

全部当てはまる場合など、考えたくもない絶望的な状況だ。

 

緊張状態では、人は必ず息を詰めたり、呼吸を浅くしている。

血管は収縮し、抹消に血液は回らなくなり、体が思うように動かなくなる。

 

長い間ストレスにさらされていると、

血液循環が足りなくなり、脳は並列処理(読んで字の如く同時に色々すること)ができなくなる。

視野が狭くなるという状態になる。

次第に慢性的な視野狭窄になると、ストレスがかからない場面でも大事な事を見逃したり、

周囲の状況に応じて反応することが出来なくなる。

 

緊張状態になるという事はそのまま、自律神経の働きに乱れが生じている事になる。

じゃあ、どうする?

何したらいいの?

 

フルオートメーションである自律神経をどうこうしようって、実はかなり高度な話。

でも、自分でどうにかするのは、難しくない。

 

①余裕が無い時
②自信が無い時
③想定外の事が起こった時
④体調が悪い時(寝不足や、過食、感染症など)
⑤環境が悪い時

 

今の自分が、どれかに当てはまりそうなら、その事を意識すること。

意識するだけで、緊張状態は緩和され、ミスが起こるリスクは大幅に減らすことが出来る。

自分がどんな状況なのかを、冷静になって認識するだけでいい。

 

自律神経が乱れる、調子が悪い時というのは、自分の状態を俯瞰する余裕がまずない。

どうしたらいいかわからない、軽いパニック状態に近い。

自分の状態を意識すれば、何をしたらいかが、自ずと見えてくる。

状況によって、必要な行動は違うから、場面によって答えは変わる。

 

この視点は、日常生活、仕事、スポーツ、あらゆる場面で応用が利くはず。

余裕ができると、楽しくなるよ。

 

って、久々に開いた昔のノートに書いてあった。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.