営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

バーティカル・フィーリングマッチ

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

昨日は仕事の予約の変更があったので、

急遽こちらもスケジュールを変更して、午後は富士山でタイムトライアルをやってきた。

御殿場口新5合目から登り、富士登山駅伝の4区は歩き、

5区との中継点でほんの一休みして、GO!

 

昨日は歩いて5区のスタートに向かう途中で既に小雨が降り、雲も濃くて寒かった。

4区を歩くだけでも脚に来るけれど、

悠長に回復している暇も無いような天候だったので、さっさとスタート。

雨で砂礫が締まっているおかげで、前回よりも登りやすかった。

標高が上がっていくにつれて、寒さも増して、手がかじかんでくる…

一般の登山客は防寒のレインウェアを上下着ている中、

ハーフタイツとタンクトップで一気に3100mまで。

 

5区4.24km(登り1017m)51’01”

シーズンベストであると共に、試走でのベストタイム。

気温が低かった事と、砂礫が雨で締まっていたので好条件だった。

例年、試走よりも本番は3分程速くなるので、48分~47分はイケる算段が立った。

ただし、雨が多くて砂礫が締まった条件の元では、他の選手もそれぐらいで走るだろう。

するとやはり、46分台で登らないと勝負にならない。

本番までに、タイムを捻り出す策を練ろう。

富士登山駅伝本番の展開は抜きにして、

標高3000mクラスの低酸素下で4.24kmで1017m登るバーティカルのタイムが、

51’01”というのは、悪くない。

鬼岩寺でひたすら基礎練したり、

トラック練習も戻してきたり、

脚の筋トレがタイムになって出てきた。

 

今回のトライアルは、一切の調整無しなので、コンディション調整して挑む本番が楽しみだ。

まだまだ伸びるよ!!

 

トライアル後は、寒すぎるので一気に下山。

足を洗っているうちに、本降りになったので、タイミングとしてはラッキーだった。

 

富士登山競走のシューズも昨日ようやく決定。

当初狙っていた、スポルティバのバーティカル専用シューズ「VK」は、在庫なしで手に入らず。

スポルティバジャパンにはもう無いので、各店舗の売れ残りしかないらしい。

ネットで買えなくはないけど、個体差もあるので、サイズが分かっていても履かずに買うのはちょっとなぁ。

ロードも走れて、岩場でも負けないぐらい硬いやつ!!

カッチカチに硬くて、全然曲がらなくてもいい。

グリップも登りなら関係ないので、軽くて硬いやつ!!

 

いや、ちょっと違うな。

 

VKの代役として、ナイキのスピードレーサーか、

元祖プレート入りのストリークを考えていた。

ストリークはラバーが締まる構造になっているのがいい。

 

この2つは、どっちを履いても間違いない。

富士登山競走の5合目コースでも、山頂コースでも対応できる。

でも、今年のエントリーリストに名を連ねる、

日本のトッププロ選手や、世界選手権代表のランナーを負かすには、パンチが足りない。

 

僕のような無名の凡人が、プロのランナーをひっくり返すには、策が要る。

手に取ったフィーリング、シューズ全体のバランス、

そして硬さとスピードモデルである事を兼ね備えたやつが、、あった。。。

「THE NORTH FACE Ultra Repulsion Race」

 

カッチカチやで!!!!!

 

富士登山競走のゴール後、下ってくる時にシューズが傷みやすいので、

そこは大事に大事に下って、秋のトレイルレースや練習でも使い込みたい。

 

相談に乗ってくれた、ジャッキーチェン似のおじさんに感謝!!

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.