営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

グリップしないで

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

シューズの裏はよく見る。

そこに色んな情報があるからだ。

観察すると、様々なクセが散りばめられているのが分かる。

クセは十人十色、百人百色。

ここではそれは書き切れない。

 

僕がランニングシューズを選ぶとき、ソールのグリップは重視しない。

トレイルシューズだけはグリップをみる。

ラグの高さによって、面で止めるのか、点で止めるのかが違う。

下りは止めつつも、滑らせたい。

止まらない、滑らないのは困る。

あとは突き上げに対する保護。

これ大事。

ロードのシューズのグリップは、無くていい。

特にガリガリするような、削れるのが早いのは要らない。

(ガリガリしていて削れないという名作も、過去にはあった)

地面に噛んだところで、重心移動に対してプラスにはならない。

捉えてる、という感触が得られるだけだ。

 

シューズは転がって動く。

蹴って進むのではない。

地面を捉えてはいけない。

 

摩耗を防ぐアウトソールのラバーだけで、グリップは十分。

ラバーは面で地面に吸い付く。

転がる動きを邪魔しない。

最近は、ラバーのランニングシューズが主流になっている。

ガリガリしたのは、少数派になりつつある。

ソールパターンはガリガリした形状のままでも、材質がラバーのモノも増えた。

耐久性も伸びる。

 

繰り返そう。

ロードシューズにグリップは要らない。

 

対して、トラックで履くスパイクのピンは、

重心移動を長くする作用がある。

なぜかニードル型の方が感触がソフトな理由は、わからない。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.