営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

アスリート専用呼吸整体のRootsその3

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

「アスリート専用呼吸整体」のお知らせ

アスリート専用呼吸整体のRootsその1

アスリート専用呼吸整体のRootsその②

こちらの続き

 

事故に遭ってから、何か月ぶりかに自宅に帰って来た師匠のリハビリが始まった。

呼吸器は離脱したといえど、呼吸するチカラは強くはなかった。

一度神経が遮断されたカラダもまた、思うように動かすことができずにいた。

 

呼吸するチカラが弱くても、全身の細胞は酸素を求める。

細胞の要求により、息を乱しながらの呼吸が24時間続く。

健康体の人に置き換えてみれば、息が上がってゼーハーする状態が常になるようなもの。

安静状態なら横隔膜のわずかな上下動で完了する一度の呼吸を、

ありとあらゆる筋肉を緊張させて、力ずくで吸い上げて吐くといった状態だった。

 

これを努力性の吸気、呼気という。

激しい運動の最中に、酸素の交換が追いつくようにするための、緊急手段だ。

緊急手段でしか呼吸できなくなっていた師匠のカラダは、

疲労とエネルギーの消費がかなり激しくなっていた。

 

リハビリ隊員達にまず課せられた使命は、呼吸障害と呼吸疲労を改善すること。

弟子たちで毎日入れ替わり立ち代わり、リハビリのための整体がスタートした。

 

当時の僕は、リハビリ隊員の一員であるにもかかわらず、

師匠のカラダに全くと言っていいほど、何も出来なかった。

むしろ、何もしない方が師匠のためになるくらいに、ひどいビギナー整体師だった。

(色々足りない所や気付いていない所が多すぎた)

 

命の狭間を彷徨った所から、やっとこさ抜け出した所で、

追い打ちをかける様なリハビリ整体では、余計に疲れてしまう。

 

程なく僕は、リハビリ隊員失格を言い渡されるのだった。

 

またまたつづく

 

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他
 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2017 All Rights Reserved.