営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

だから僕は履き分ける

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

ある程度の経験のあるランナーは、シューズを何足か持っている。

・長い距離をゆっくり走る

・スピードを上げて走る

・ほどほどのペースで距離を走る

それぞれに、2足から3足くらいあるとすれば、10足ぐらい当たり前にある。

 

陸上部出身じゃない僕は、路面や傾斜に対して線引きをしない。

ガタガタしてても、坂でも、ロードでもトラックでも、

「走る」ということに変わりはない。

「陸上競技」というのは、走るという円で括った時には、

その中に内包される、小さな円なのだと思っている。

 

走る=自由

何の制約も受けずに、体を自由に開放する。

競技という世界だけでは、堅苦しくて狭い。

特に日本はそう。

 

走る面白さって、速さを競う事だけじゃなくて、

もっと多面的なのだ。

僕は「創作活動」だと思っている。

走れる場所なら、どこでも走る。

体と向き合って、体をデザインして、

その過程も結果も、全部味わう。

 

路面を選ばない僕は、その分シューズも増える。

・ジョグ用

・レース用

・スパイク

・トレイル

それぞれに2、3足は種類がある。

体の状態、路面の状態、コースの特徴、天気によって変える。

その中でも、体の状態でシューズを変える事が多い。

 

体の状態次第で、シューズの感触が変わるのだ。

同じシューズでも、時と場合で全く違うシューズに感じる。

 

フィーリングは、信じていい。

フィーリングを疑って、ハッピーになる事は少ない。

理屈をすっ飛ばして感じる何かが、そこにはあるのだ。

 

まずは感じる何かを大事にして、

後から理屈を立てて、繰り返し試してみたらいい。

その過程ですら、どんな事にも役に立つ。

 

履きわけって、大事。

数年に1度、履き分ける必要が無い、

オールマイティなシューズに出会う事もあるけど、

そんなナイスなシューズほど、モデルチェンジも早い。

 

たくさんシューズがあっても、奥さんにブーブー言われないのは、

買っても履いてないなんていうシューズが、1足も無いからである。

出会いから別れまで、最後まで大事に。

 

シューズと向き合う事は体と向き合う事。

施術にも大いに役立っているのは、言うまでもない。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.