日常生活の中で、その人なりのカラダの動かし方、

その人なりのクセというのは、ほぼ無意識に行われています。

 

繰り返し繰り返しの日常の動きの中で、目をつぶってでもできることってありませんか?

歯磨きは、鏡を見なくたって、歯を見なくたってできます。

目をつぶっても歯は磨くことができます。

これは、歯磨きの動作が無意識下に落とし込まれているからです。

 

ある時点から、考えなくてもできる動きは、固定化されていきます。

これは非常に便利な反面、固定化されることで関節の動きが狭くなったり、

筋肉や靭帯のねじれにもつながります。

 

こうしたクセが強くなるにつれて、カラダの歪みが強くなり、

カラダの色々な箇所に不具合や痛みが出てきます。

 

問題なのは、動きの固定化です。

決まった動きを繰り返すことで、カラダの構造まで固定化されます。

 

ならば、何をすればいいか。

それは、苦手な動きや、それまでしたことのない動きをすることです。

 

そうして、筋肉に、関節に、神経に、脳に、同時進行で新たな刺激を入れると、

今まで使っていなかった部分が動き出します。

今までつながっていなかった神経が通り、今まで動いていなかった筋肉が目を覚まし、

今まで広がらなかった関節が動き出します。

 

慣れていない動きをすることは、ストレスになることは確かです。

でも、ストレスの無い環境では、カラダは退化する一方で現状維持もままなりません。

 

慣れない動きに慣れてきたら、また新たに別のことをする。

そうして、カラダを固定化させないことが、カラダの機能を保つ秘訣です。

 

神経との連携が取れていない筋肉に、新たな回路を通す。

脳に新たな運動回路を構築する。

または思い出させる。

 

こうしてカラダの動きは変わります。

整体は、その手助けをするものです。

 

言葉では簡単に書けますが、実際にやってみるとどうでしょうか。

 

いつもと逆の手で歯を磨く。

いつもと逆の手でお箸を持つ。

 

その扱いにくさこそが、固定化された動きの解消と、新たな神経回路の構築作業です。

 

歯磨きと、お箸は最上級に難しいですね(笑)

それは、それだけ繰り返されてきたことだからです。

 

日常生活の中で、何かを逆にしてみる。

それをしばらく続けてみる。

すると、色んな変化が起こるはずです。

 

もし、カラダの不調に大きく影響する動きに対して逆の動きを出来たら、

それだけで不調は解消できることもあるでしょう。

 

出来ないことをする。

逆のことをしてみる。

新たな動きを覚える。

 

神経回路の促通は、人生を変える可能性を秘めています。

 

まずは歯磨きから、お試しあれ。

「できる」を増やす整体院

からだ工房らくだ

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他
 
これも神経の促通!!
13962645_1040773832686889_1040366829618635838_n