先日、親子ほど年の離れた後輩の整体の先生と話をしていて、

 

「スタミナって何なんですかね?」と唐突に聞かれました。

 

こういった、素朴な疑問を追究していくのは面白いし、

こうした中に本質が隠れていることだって多い。

 

カタカナの「スタミナ」という言葉は、実にファンタジーであり抽象的です。

スタミナ定食は実体があっても、何を称してスタミナと名付けているのかわからないし、

スタミナという物質があるわけでもない。

 

「スタミナがある」

「スタミナが切れた」

「スタミナをつける」

こんな言葉は、昔からよく聞きました。

 

スタミナがあるというのは、無尽蔵にキレのある動きができることを指します。

スタミナが切れたというのは、ばてて動けなくなったか、ペースダウンした状態です。

 

では、スタミナをつけるって何だろうか。

もしスタミナが物質だとしたら、カラダに脂肪をたっぷりつけた人は、

それだけエネルギーの在庫を持っているのでスタミナは満載です。

でも、その状態をスタミナがあるとは言えません。

 

僕が後輩の先生に返した答え。

 

「体内のエネルギーを代謝して推進力に変える能力です」

咄嗟に出た言葉でも、これなら色んな説明がつくと思うのです。

 

スタミナがあるとは、代謝能力が十分に働いている状態。

スタミナが切れたとは、体内のエネルギーを推進力に変えられなくなった状態。

 

理論上は、ヒトの体内からエネルギー物質が枯渇することは有り得ません。

ヒトの身体そのものがエネルギー物質だからです。

ただ、極端な飢餓状態に陥ると、心筋の痙攣などの心不全を起こします。

(長期間の断食や、摂食障害などの場合でないと起こり得ない)

 

「スタミナをつける」というのは、

エネルギーを代謝して推進力に変える力をつけるということになります。

 

ここからちょっと掘り下げていくと、代謝して推進力に変える能力には、

いくつかの要素があることに気がつきます。

 

1、筋力・筋持久力

2、最大酸素摂取量(有酸素能力、身体に酸素を取り入れる能力のこと)

3、運動のフォーム(ロスが少ないこと)

4、集中力(精神力、ココロのスタミナ、考え方)

これらの要素がバランスよく強化されているのが「スタミナがある」という状態です。

 

この4つはどれが欠けてもエネルギー代謝がガクッと落ちます。

トレーニングの方法によってもちろん、運動中にも変化します。

 

トレーニングは、この4つの柱をどう伸ばすかを工夫することだと思います。

 

マラソンや陸上の中長距離だけでなく、実は短距離の100mも、

後半はスタミナ(特に有酸素能力)の勝負になっています。

 

速い選手に置いていかれるのは、スピードが無いからではなく、

スピードを持続させるスタミナが無いから。

 

1500mの世界記録は、

1998年にモロッコのヒシャム・エル・ゲルージが出した3’26”00

これは、単純計算で50mを6.9秒で走り続けないと出ない記録です。

運動経験のある男性なら、6.9秒よりも速く走ったことがある方は結構いるはず。

 

でも、僕を含めてそのスピードを持続するスタミナが無いのでタイムが出ないわけです。

持っているスピードを活かすも殺すも、スタミナ次第です。

 

スタミナとは「体内のエネルギーを代謝して推進力に変える能力」でしたね。

 

そんなことを意識してトレーニングすると、成果が変わってくるかもしれません。

 

「できる」を増やす整体院

からだ工房らくだ

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他
 9398