営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

除菌殺菌の昨今にコンポスト

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

思えば今年は、「発酵」をテーマにする!

と意気込んでスタートした。

発酵食品といえば、身近に色々ある。

人類は菌類やバクテリアを味方につけて、生活を営んできた。

菌こそ健康の秘訣!

菌にまみれろ!

とまでは言わないが、腸内にどんな細菌を飼うかで健康状態が変わる。

というテーマを勝手に立てて、日頃の食事を楽しんでいる。

細菌を飼うだと?

何言ってんだ、と思う方もいるかもしれない。

事実、食べたものは、腸内細菌が分解し、

それによって作り出されたものを吸収して、僕らは生きている。

食事とは、腸内細菌叢にエサをやることに他ならない。

食事によって、細菌の種類や量も変わる。

 

腸内細菌が喜んで分解する、複合糖質が必要だ。

という記事を、何回か書いた。

 

複合糖質とは炭水化物で、食物繊維と糖が結合したものを指す。

イモや米、雑穀などの穀類をイメージして欲しい。

一方で、単純糖質とは、かろうじて炭水化物に分類されてはいるが、

食物繊維と糖(デンプン)が切り離されるか、削られるかしているものを指す。

 

いわゆる、精製された白い小麦粉、砂糖などがそれだ。

単純糖質は大腸まで届かずに体内に吸収される。

腸内細菌が分解するというステップを踏まずに糖が体内に入ると、

様々な不都合が起こる。

 

とまあ、ここまでで500字も書いてしまったわけだが、

豊かな細菌叢を体に作ることが、健康のキーポイントだ!

ということを実践して今年はスタートした。

 

甘酒や手作りの味噌を仕込み、ザワークラウトも作った。

近頃は水キムチなるものに興味がある。

 

あぁ、親愛なる菌よ!!

という僕のテーマに覆いかぶさるように、コロナショックが舞い降りた。

 

世は、殺菌、除菌のオンパレードである。

厳密にはウイルスと菌は、ウナギとドジョウくらい違うのだが、

世間一般には風邪のウイルスも菌も全く区別はつかない。

 

整骨院も整体院も接骨院も、違いがようわからんというようなものだ。

 

除菌、除菌と、菌を追いやっていくうちに、

実は体を守っている常在菌を殺していく事になり、

免疫力を落としていく事など、TVではどこも報道しない。

 

何も無いさら地には、まず雑草が蔓延るのと同じように、

常在菌が居なくなった場所には、まず雑菌が蔓延る。

 

キレイにすればするほど、そこは雑菌だらけになる。

 

ちなみに、この地球上で菌が居ないのは滅菌室ぐらいのもの。

遥か上空でも、海底の活火山でも、どこからでも菌やバクテリアは見つかる。

 

菌の豊かさこそ、生活の豊かさ!!

 

はい、本題に入るまでに1000文字まで来ました。

 

何が言いたいかというと、

生ごみ処理のコンポストのモニターに応募して、今日から始めました!

という事。

市で200名募集していた、

サバ節の製造過程で発生する菌を利用した、生ごみ処理容器。

2カ月使って、アンケートに答えるというもの。

 

サバ節もカツオ節も、カビをまとわせるもんね!

削る前なんてカビの塊にしかみえないもの。

菌を殺せ!ウイルス殺せ!

というこのご時世に、よく「菌を利用した」という文言を使ってくれたものだ。

僕には、そこが光り輝いて見えて、飛びついてしまった。

 

原理は単純で、生ごみをバクテリアが住む母材に埋めとけば、

数日で食べてくれますよー!という代物。

生ごみはやがて、水蒸気になって無くなるらしい・・・

母材のカサが増してきたら、肥料にしようと思っていたけど、

水蒸気になるの!?

菌は世界を救うのだ。

 

頭が菌に冒されているので、今日はこの辺で。

バーイ!

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.