営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

荒川河川敷への道【後編】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

1Fのロビーで買ってきた夕飯を済ませる。

少しゆっくりして、2Fにある自分のベッドスペースに戻ったのは21:30頃。

寝る前にやるのは、もうシャワーを浴びて、歯を磨くことくらいだった。

レースのための支度は、ほとんどを済ませて持って来ている。

御前崎で1日勉強会、からの東京までの移動。

翌日には朝からフルマラソン。

なかなかのスケジュールである。

早く寝た方がいい。

そう思ってシャワーを浴びにいく。

2Fのシャワー室は供用で2つ、女性専用のものが1つあった。

23時以降には1つしか使えなくなる。

騒音対策だろう。

リフォームして間もないのか、それとも日頃の管理のせいなのか、シャワー室も脱衣室も清潔感があった。

正直、少しなめていたのだ。

供用部分は少しばかり汚くても仕方ない。

そんな前提を覆すように、シャワー室だけでなく、洗面台やトイレも清潔感がある。

汚すのがはばかられる。

そんな供用スペースだった。

直ぐに寝ても寝付けるか分からない。

少し本を読んだり、Twitterを覗いたりして、眠りに入ったのは22時半頃だったと思う。

朝の乗る電車を決め、6時15分にアラームをセット。

ドミトリータイプでも周りの音は気にならず、よく眠ることができた。

アラームよりだいぶ早く、5時45分頃には目が覚めてしまった。

早い分にはいい。

1Fのロビーで朝飯を食べることにした。

写真はチェックアウト前のもの。

ドリンクサーバーでコーヒーを注ぎ、昨日コンビニで買っておいたパンを頬張る。

歯を磨いて、身支度と荷造りをしてチェックアウトするために2Fに戻ると、靴箱が全て埋まっていることに気が付いた。

満席、満員である。

このご時世に。

それもそのはずだ。

ここはおよそ1泊1400円なのだ。

ほとんどが長期滞在か、ほぼ住んでいる様子だった。

仮に1500円としても、1ヶ月で45000円。

水道光熱費込みである。

独り身なら、ここに居る方がいい。

 ホテルを出て、日暮里駅までは直ぐだ。

銭湯も入り損ねたなと、朝になって気がつく。

昨日目の前で閉まった立ち食いのうどん屋は、シャッターこそ開いていたが、まだ準備中だった。

静岡には無い、縦に長い消防署。

どの階まで署が入っているのか、全部なのか気になってしまった。

日暮里から巣鴨で山手線から都営三田線に乗り換える。

既に日暮里駅から、ランニングシューズを履いた人がちらほら居て、巣鴨に着く頃には乗客の半分がランナーになっていた。

都営三田線の西台で降りれば、15分程歩いて荒川河川敷に着く。

下調べはしてあるが、みんな不安ではある。

ランニングシューズと、ジャージを履いたランナー達がお互いの様子を見ながら方角をそれとなく確認し、ゾロゾロと駅から河川敷までの道を歩いていった。

しばらく歩くと、段差が大きく急な土手が立ちはだかる。

荒川河川敷に着いたのだ。

ここまで歩いてきた道と、この階段は、マラソンが終わったら足を引きずって歩くランナーのゾンビ街道となり、まともに昇り降りができなくなるのが目に見えた。

レース後、実際そうだった。

会場では着々と準備が進められていた。

静岡のど田舎からここまで来るのがまずは第一段階。

あとは走るだけ!!

移動も含めてレースなのだ。

レースそのものは渋いベストタイムになったとはいえ、貴重な経験が出来た荒川への道だった。

この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2022 All Rights Reserved.