営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

昼飯とナイトラン

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

アチーヨ。

30kmをキロ4分でやるつもりが、

暑さに負けて、キロ5分の15kmJOGにしてしまったのは僕です。

途中で500mを3分ペースで2本挟み、

刺激は入れといた程度にしかならなかった。

 

このところ、暑くなってからは、朝と夕方に走る事が多い。

昼に走る事はほとんど無い。

予約の枠もちょっとずらして、調整している。

 

暑くない頃は、昼に走る事が多かった。

昼飯前に空腹で走る。

 

今は、昼飯が気にならなくなってから。

僕はお腹にモノが入った状態では、できるだけ走りたくないのだ。

 

夕方は、ロングラン(25km~20km)か、JOG、時々インターバル。

インターバル+ペース走もやったりする。

日中の暑さに比べたら、幾分涼しくはなるものの、やっぱり暑い。

毎日、ウエアもシューズもびしょ濡れになる。

 

気象コンディションは、常にハードだ。

最近気が付いたのが、昼に食べたもので、

夕方の身体の動きにかなり差が出ること。

 

「飯orそれ以外」で、かなり変わる。

 

飯を食べた時は、30℃ぐらいあっても25kmのペース走ができる。

ノーアップで、いきなりキロ4分切って入れる。

足が汗でふやけてこなければ、30kmもいけるだろう。

 

しかし、素麵になるとそうはいかない。

そもそも、いける気がしないのである。

では素麵がだめなのかというと、そうでもなく、

短い距離をペースを上げるとなると、結構走れるのである。

 

じゃあ、パンは?

ものによる(笑)

走れるパンと、そうでないパンがある。

 

レース当日の食事と照らし合わせるとどうか。

飯が良い、とは一概に言えない。

 

昼に食べて、夕方走るのと、

朝食べて、午前中走るのでは、消化吸収にかけている時間が違う。

 

朝食べて、エネルギーとして使われるのはレースが終わってから…

なんてパターンは、、、、履いて捨てる程あるどころか、

ほとんどの人がそうなってしまっているだろう。

 

夕方~夜のレースで、昼に飯を食べるのは、使えるかもしれない。

ポイントは、消化に十分な時間をかけるという点だ。

 

腸内細菌が炭水化物を分解するぐらい時間が欲しい。

3時間や4時間では少ない。

5時間、6時間は欲しい。

 

「飯」というと何を想像するだろうか。

僕の場合は、おにぎり。

仕事の合間に、ささっと食べる事ができる。

出張の間に、運転しながら食べて、戻ってきてまた仕事…

というのも、おにぎりならできる。

 

大好きなポップコーンは、時間が無いとできなくなってきた。

作るのは直ぐにできても、食べるのに時間が掛かる。

 

ちなみに、僕は海苔を分解できない体質なので、白飯のおにぎりを食べる。

中身は、わさび漬けか、わさび味噌か、おかか、塩昆布、梅干しのどれか。

 

明日は3個作ってもらおう。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.