営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

メシマズの3年修行

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

料理のあまりお上手でない嫁のことを、「メシマズ嫁」と呼ぶワードが世に出て久しい。

インパクトかつ心情をダイレクトに表したこの言葉は、今後も死語となることはないだろう。

 

うちの奥さんの飯は、美味い。

お世辞でも自慢でもなく、素直に美味いと思う。

僕のカラダも奥さんの作る料理に支えられて、仕事もマラソンにも打ち込めている。

子どもの食べっぷりも凄まじい。

 

しかしながら、結婚当初は奥さんの料理の腕は相当怪しかった。

車で言うなら仮免許の試験で落ちそうだった。

 

そこで、料理の基本を徹底的に教え込んだ。

・ご飯が炊けること

・味噌汁を作れること

 

この2つが「できる」だけで日々の料理には困ることは無くなる。

ご飯があって、味噌汁があって、もう一品肉や魚があって、余裕があれば付け合わせで和えものやおひたし、サラダがあれば十分。

肉や魚に替えて煮物でもいい。

 

意外にも、料理に困る人に共通するのが、味噌汁をまともに作ることができないということ。

味噌汁作りには、様々な基礎が含まれている。

・水を張る(全体の必要量、具材とのバランス)

・ダシの味がわかること

・具材の切り方(包丁さばき、繊維の方向、具材を活かす切り方)

・味噌の分量、タイミング

手際よく食材を切り刻んでいかないと、水が沸いていく間に煮ることができない。

ご飯が炊ける時間の半分以内で味噌汁作りを完了しないと、もう一品まで手が回らない。

 

ダシの味がわかれば、味噌の味も決まる。

塩加減がわかれば、すまし汁もスープも作れる。

そこまでいけば、醤油と酒とみりんの割合を変えることで煮物が作れる。

煮物は食材の繊維の向き、断面積が大事。

それも、味噌汁作りで切り方をわかっておけばわけはない。

 

切り方ができれば、炒める・焼く揚げるのは、誰でもできる。

味噌汁の味つけができれば、塩、醤油、味噌、酒、みりんで何でも作れてしまう。

 

あとは、相性のいい具材の組み合わせ、旬の野菜や好みで、レパートリーは無限に増やすことができる。

そんなことを見通して、結婚当初には奥さんに手取足取り教え込んだ。

最初はたどたどしかったものも、いつの頃からか迷いなく作るようになった。

結婚5年目の今では、全部任せている。

 

奥さんも僕も、料理のことで文句を言うことなんて無い。

基本があるおかげで、毎度の夕飯作りも楽しそうだ。

 

まだ教えていないのは、魚の捌き方。

これは魚の骨格をわかっていないとできない。

刺身までできるようになったら、僕の出番は無くなりそうだ。

 

「基本⇔発展⇔応用」

この図式、料理も整体も陸上も、ぜーんぶ同じ。

 

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2017 All Rights Reserved.