営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

スピードはどこへ行った?

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

インターバルトレーニングや、

レペティション、

トライアル、

トラックトレーニング全般を封印して数カ月。

週に1度は!なんて言ってたのに、真逆に振り切った。

 

すっかりスピードは錆び付き、ロング走は出来ても、

重い脚でペースはそこそこしか上がらない。

 

そこには意図があって、有酸素の基盤を作ること。

一時的に走れるペースは落ちても、酸素負債を返済できる体にするために、

時間をかけて走るようにしてきた。

 

周囲はトラックでのトライアルや、

インターバルトレーニングをガンガンやっている。

 

「いやー、全然ついてけないわ」

「置いてきぼりだわ、どんどん置いてかれるわ」

「もう敵わんわ」

という、焦りを通り越して、

もはや諦めたくなる気持ちを飲み込み、

ニュージーランドの偏屈なおっさんの言う通りに走り込んできた。

 

思い返してみると、記録を伸ばしたシーズンはおっさんの言うステップに従っていたし、

失敗した時もまた、おっさんの言うステップ通りではなかった。

もっと正確に言うと、たまたまステップに沿っていた時は走れていて、

これで良いと思っていたスケジュールが、ステップから逸れていた。

 

ベテランが必ずしもプロフェッショナルでないように、

人は経験を重ねると、慣れと流行に埋もれて原理原則を忘れがちだ。

まさに愚の骨頂!

自滅の極致。

 

走れていた時も、たまたまなので、ステップの踏み方がかなり不完全な状態。

ケーキが焼けても、クリームを塗っていないような…それぐらい不完全。

それでも、ベストタイムを更新していた。

 

数カ月かけて、有酸素の土台も作ってきたし、

坂を使っての筋力強化も並行してきた。

300mのインターバルも始めはしたが、

まだまだペースも本数も準備段階。

 

そんな中で、昨日は1km×5本(つなぎ1kmジョグ)の練習会。

疾走区間と休息区間を1:1にする方が、

疾走区間をしっかり走ることができるし、

体に刺激を与える時間を長くとれる。

つなぎを短くして疾走区間で打ち上がると、苦しいだけで効果が無い。

 

周りのペースには到底ついて行けないが、

つなぎの1kmの間に追いつけばいい、というぐらいの軽い感じで参加した。

なにせ、キロ3分ペースなんぞ、数カ月走っていない。

3分10秒や15秒でも走れるか怪しい。

 

メンバーみんな強過ぎるし。。。

雨上がりで路面はツルッツルだし。

 

始める前から、人は言い訳を考える生き物なのである!

出来ない理由とやらない理由。

デモデモ星人。

 

で、やってみた。

1km×5(つなぎ1kmジョグ)

打ち上がらないように、途中でやめたくならないように、抑えて抑えて、、、

①2’56”

②2’55”

③2’51”

④2’51”

⑤2’46”

 

あれ?できたぞ。

むしろ、本数こなす程に楽に…

 

有酸素の基盤づくりの重要性と、

スピードを持続する地力がついてきたことを、改めて確認できた。

 

そして何よりも、メンバーに恵まれていた。

仲間が居なければ、やろうとも思わなかったし、

このメンバーだからこそできたトレーニングだった。

個性とクセの集合体

ワキの処理ごめんなさい

スイカ美味し!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.