営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

なぜ?悲劇が繰り返されるのか

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

玄関にあるポストがポンコツになり、

(子供達が開け閉めし過ぎてフタが無くなった)

いよいよ郵便屋さんにも申し訳ないので、簡易ポストを作った。

既製品では面白くないので、自作したくなったのだ。

それにまた壊されるので、雨風から郵便物を守れれば十分。

 

サイズもバラバラで反り返った廃材をフリーハンドで切り刻み、

1寸の釘をガンガン打ち込んで箱にしていく。

この時、反り返った板はどうしても組むときに上手く噛み合わなくなる。

そもそも、ざっくりと簡単に作ろうとしているので、細かい部分は気にしない。

噛み合わない部分はもう、力づくで釘で打ち込んでしまう。

 

何とか形にはなっているけれど、この箱は常に歪の力が加わっていることになる。

曲がった板を無理矢理組んでいるので、戻ろうとする力が働く。

この箱、何かの拍子に「パンッ!!」と弾けそうだなと感じながら、押さえこんだ。

 

木を組みながら考えたのは、ぎっくり腰と同じだということ。

ぎっくり腰は、歪みの力を逃がすために起こる。

いつも好ましくない圧力が掛けられていて、カラダがその圧力に耐えられなくなる。

圧力の小爆発がぎっくり腰だ。

 

歪みの圧力は一時的には解放されるが、また時間と共に溜まってくる。

そして、悲劇はまた繰り返される。

大事なのは、爆発する前に圧を抜いてあげること。

圧が掛かりにくいように、調整すること。

 

どんな圧がかかっているかは、動きを診たり触ったりすれば分かること。

圧を抜けば、動きも感覚も変わるのでわかりやすい。

 

そんな整体をしている整体院の入り口に、歪みの圧力を込めたポストを置く、、、、

ポストがどう壊れるかも、歪みが起こす力学的な実験のひとつということで(笑)

 

たまにはDo it yourselfも勉強になる!

図画工作にも勤しみ、今日もフル稼働でした。

 

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2017 All Rights Reserved.