情報化社会と言われて、もう十数年経つでしょうか。

スマホが生まれ、タブレットが生まれ、スマートウォッチなどのウェアラブルが生まれ、

情報端末はすっかり地位を確立しました。

今では、もう無くては成り立たない存在になっています。

 

こんなことは書くまでもないことですが、

情報化が進むということは、情報を受け取りやすくなるということと、

情報を発信しやすくなるということ。

 

知り合いに店を教えるとか、場所を教える時には、

当たり前に地図アプリに出て来る。

そして、最低限ホームページがあって、誰がやっているとか、どんな商品があるとか、

営業時間はどうとか、連絡先はどうとか、

それ位はスマホ対応で表示出来ないと、もはやそこに存在していることになりません。

 

この間トレイルレースのレース中に、

朝霧高原のだだっ広い草原と山の中で、とある牧場を見つけました。

幹線道路沿いでもなく、どうやって来たらいいかわからないような場所。

僕はその牧場の脇でミョウガとクルミを見つけて、レース後に拾いに行きました。

 

テクテクと歩いて牧場の近くに行くと、

背中に「適当」と達筆にでっかく書いたシャツを着たおじさんが、

「おーう!」と手を振ってきました。

 

その日本人とは思えないフランクな感じと、見た目のインパクトに、

思わず僕も知り合いのように挨拶。

もちろん、初対面。

 

お「今日は何人走ったんだ?」

村「400人くらいですよ」

お「そんならバスでソフトクリーム売りに行けば良かったなー」

村「来年は僕も招待で出るので来てくださいね」

お「おーう!」

 

なんて話をしながら、バスを見たら、山梨県の富士吉田で見たことのあるバスが!!

あのおじさんかー!!!!!

13498

 

「適当」って背中に書いたシャツ着ている割に、絵が素晴らしい。

 

その牧場は手作りの乳製品がウリで、

中でもソフトクリームに人気があるところらしいのです。

更に、BBQもできて、牧場体験、合コンも結婚式もやっちゃうという、

あのおじさんらしい牧場。

 

会った時のおじさんのインパクトがありすぎて、頭から離れませんでした。

 

僕はおじさんと会った時、名前も聞かなかったし、牧場の名前も見ませんでした。

でも、あることがきっかけで牧場の名前と取り組みがわかったのです。

 

それが「静岡県 バター」という検索ワード。

僕は…実はバターが大好物です。

毎日食べまくってます(笑)

なので、静岡県で作っていて買えるバターは無いかとネット検索した際に、

あのおじさんの牧場がヒットしてきたのです。

 

ハートランド・朝霧

 

あの時、ソフトクリーム食べておけば良かったー

と後悔しています。

周りに山と草原しかない牧場にも、ちゃんとホームページがある。

そして、写真だけだったりテキトーに書いてあっても、ほぼ毎日のように更新している。

 

それを見つけて、僕は嬉しくなりました。

 

おじさんのホームページの更新は、ケータイ電話からだそうで、

「指が太いから多少の誤字脱字は勘弁して欲しいZE!」だそうです(笑)

 

「静岡県 バター」でまたあのおじさんを発見できるなんて…これをご縁と言うのでは?

 

まだホームページが無いとか、ブログも無いとか、

それは、

 

それは、

 

それは、

 

ホームレスですね。。。。。

 

ホームページもブログも、無いままでいるのは時代遅れ。

難しいことなんてないし、30分もあればできること。

 

できないのではないね、やらないだけなんだね。

 

雪が朝霧に降る前に、家族を連れてあのおじさんに会いに行きたいな。

「できる」を増やす整体院

からだ工房らくだ

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他