米軍基地や北方領土の話ではない。

筋肉の話である。

 

日本人は筋肉が好きである。

いや、日本だけに留まらない。

人類は筋肉が好きである。

男は筋骨隆々な姿に憧れ、女性もまたマッチョマンは嫌いではないし、

締まった筋肉を手に入れたいと思うものだ。

シュワちゃんが世界的に有名な俳優になったのも、筋肉があってこそだった。

 

筋肉というのは、カラダの構成材料でありながら、意思をもった生き物と言ってもいい。

注意深く、段階を踏んで動き方を教え込んでいけば、必ず優秀な働きをしてくれる。

ひとつひとつの動きや、力の出し方を記憶する能力がある。

 

一方で、時間が経てば覚えたものを忘れるという性質も持っている。

繰り返し教え込まれたものも、一定の時間放置しておけば忘れてしまう。

まさに、筋肉そのものも脳と同じような性質を持っている。

 

動き方を教え込まれていた時には「張り」のあった筋肉も、放置されると緩くなってくる。

ピンピンに張られていた糸がたわむイメージである。

やがて、たわみ切った状態が続くと、筋張ってきてビーフジャーキーのようになる。

 

たわんだ糸のような筋肉でも、ビーフジャーキーのような筋肉でも、

骨を動かすには不都合である。

 

骨を自在に動かすためには、張らず緩めずの緊張状態がベストなのだ。

張り過ぎもまた、故障や怪我の原因になる。

 

そのカラダのダルさは、筋肉の張り過ぎから来ているのか、

それともたわみ過ぎから来ているのか。

この違いは大きい。

特に、たわみ過ぎやビーフジャーキー化した筋肉は放置していて良くなることはまずない。

 

筋肉とは緊張状態を維持する関係性が必要なのである。

 

いいカラダで今年を終えて、いいカラダで新年を迎えましょ。

整体屋のむらたでした。

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他