営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

余白を作る事を意識する

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

y-padを使い初めて、もうしばらく経つ。

1日という限られた時間を、より有効に使おうと思い、秋から使い始めた。

1日というタイムライン、1週間というタイムライン、

もっと広く2週間、1カ月、3カ月、1年など、

時間軸を俯瞰して視る事が出来る。

時間の流れを視覚化すると、計画や取り組みの状況も同時に目に見えるようになる。

どれほど先延ばしにしてるかをまじまじと見ると、重い腰も上がる。

 

限られた時間の中で、あれもこれもと思うと、

実際には半分程度しか出来ない事が多い。

一気に片付ける気になって、余白が無い位にやる事を詰め込むと、

大概はその通りには進まないものだ。

 

大事なのは、余白を作ることだ。

ちょっとしたアソビが、長引いた時間を補ってくれたり、

休息時間になったりして、計画を予定通りに進めるポイントになる。

10個マスがあるとしたら、3個ぐらいは余白を作るといい。

10個全部埋めると、そのうちの5も出来ない事になる。

 

人の身体も、関節にあるアソビが大事。

アソビが無くなると、怪我や故障の原因、歪みの固定化につながる。

 

そういえば、試験勉強をしていた頃、

ノートに書いてある事を頭に入れるのではなくて、

ページの文字以外の余白を、頭に染み込ませるイメージで読み返していた。

顕在意識ではなく、潜在意識のメモリーに刷り込むように、

余白に浮かぶ情報を繰り返し読み込む。

余白を頭に染み込ませると、文字が一緒に乗ってくるように感じた。

 

詰め込むだけ詰め込んでも、

消化不良になっては元も子もない。

時間管理も、頭の中も、全身の関節も、余白が詰めたものを活かしてくれる。

 

 

スペースって、大事。

それではまた。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2018 All Rights Reserved.