営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

木島平でランニングキャンプ【2日目AM編】

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

ランニングキャンプ2日目(4月29日)の振り返り。

2日目は朝練習で、6時15分からポールワークのレクチャー。

前の晩は22時就寝で、5時半に起床。

なんて健康的で、理想的な生活サイクルなのだろう。

これから暑くなる時期に合わせて、普段からもこのサイクルにシフトしたいものだ。

 

朝の木島平はひんやりとしている。

静岡と比べるとかなり低い気温だった。

冷たい空気でも、風が無ければ嫌じゃない。

密度の濃い空気は、鼻から肺一杯に吸い込むだけでエネルギーが満たされる感じがした。

ポールワークは、初めての経験。

よく見るし、興味もあるが、使い方がわからん!

そう思っていたので、基本的な使い方に触れる事ができてラッキーだった。

思い切り漕いだり、力を込めるわけではなく、一瞬地面を点で押さえるだけで、

登りも下りもすごく楽になる。

軽い力で支えるだけでも、それだけ大きな地面反力が、

運動を助けてくれることを感じるきっかけになった。

 

いつも朝はコーヒーだけで済ますけれど、

この日だけはアルプで朝食をとった。

多分3年ぶりぐらいの朝食。

前の晩の食事もそうだったけれど、アルプの飯は美味い。

味もバランスも量も、丁度いい。

栄養がどうとかいう小さい話じゃなくて、身も心も満たされるのが分かる。

 

朝食が済んで、身支度を整えたら、午前中はトレイルセッション。

その前に、シューズの履き方のレクチャー。

 

ランナーで、時々シューズの紐をギンギンに締め上げている人を見かける。

シュータンが詰まる位に締め上げている事もある。

その締め方をしている人の故障発症率は、相当高く、およそ8割に上る(ムラタ調べ)。

以前から紐の締め方で随分足は楽になるって、伝えられる範囲の人には伝えてきた。

きつく締めると、紐の伸び縮みも殺されてしまうし、足のクッション機能が働かなくなる。

足も壊れるし、その上にある関節、靱帯、筋肉の軟部組織もやられる。

締め過ぎるぐらいなら、緩い方がいい。

 

さらに、シューズを履く時のセッティングも機能解剖学的で、

直ぐに取り入れられて違いが出る、有効なものを教えて頂いた。

 

準備を整えて、いざ北竜湖へ。

北信濃三大修験場のひとつ、小菅神社の奥社を目指すトレイルセッション。

登りも下りも、イレギュラーな路面に体をさらす事が、運動学習になる。

脳もあたふたするような刺激を入れる、

運動を体に任せるという感覚を味わうのに、トレイルは持って来いだ。

 

一体誰が作ったのだろうという道。

 

標高1000mを越える険しい山の奥に、この奥社!

一体どうやって建てた!?

そこから更に登っていくと、雪じゃ!!

後半は木段を含めた下りのレクチャーも交えて、およそ10kmの道のりを2時間で回った。

特に、下りの体の使い方のセッションでは、

より安全でスムーズに体が動く感覚に触れる事ができた。

体のデザインに組み込まれた機能は、ほんの少しの違いで上がったり、落ちたりする。

 

前日のゲレンデでのセッションも、午前中のセッションも、

自分の中で「何か」が変わってきているのは分かった。

これまでに染みついてきた自分のクセ、力感、制御感をどれだけ削り落とせるか。

固定観念、先入観、刷り込みを捨てて、まっさらな自分になれるか。

それが、動きに反映されているかどうかは、まだこの時は分からなかった。

 

2日目PM編に続く

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.