営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

体中炎上中

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

ランニングあるあるで、タイムが良かった時ほど体へのダメージが少なく、

タイムが悪い時ほどダメージが大きいというものがある。

ベストタイムの時ほど走り終わった後に元気で、

悪い時程消耗が激しい。

 

肩肘張らない方が成績が良くて、

歯を食いしばっている程大した結果が出ない。

世のあらゆるものに共通するものが、ランニングにも言える。

 

そんなことを書くのは、

僕の身体が隅々まで極度の筋肉痛だからだ。

どれくらい極度かと言うと、触れただけで痛いくらい。

しかしまぁ、長年運動していると、そんな局面は何度も経験しているので、

受け入れるのも当たり前で慣れてしまった。

 

筋肉痛は細胞が破壊されたことによる、炎症反応だ。

一説には、炎症によって集まった水分が、

皮膚を押し広げる膨張圧が筋肉痛の原因とも言われている。

水分には細胞の修復材料が含まれている。

炎症は体中から水を集める「招集指令」なので、

冷やしたりして止めてはいけない。

 

運動直後に体内にこもった熱を逃がす、

全身性のアイシングは回復を早めるが、

局所的なアイシングはマイナスになる。

 

修復が終われば、水は体外に排出される。

皮膚の膨張圧が下がるのと、細胞の修復の完了はほぼ同時だと考えられる。

 

ちなみに、運動してから2、3日して筋肉痛が起こるのは、

炎症がゆっくり進むからだと考えられている。

炎症が進むスピードが速いか、遅いか、長く続くかどうかは、

運動の量や質による。

 

 

今日はそんなところで。

ではまたー!!

焼津市・藤枝市の整体「からだ工房らくだ」
〒421-0201 焼津市上小杉269

080-3288-7235(代表 村田稔明)

営業時間 9:30~20:00

定休日 第3日曜他

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2018 All Rights Reserved.