営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

奈良マラソン2018(前編)

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

ベストタイム更新はならずとも、失速しない会心の走りをしたい!!

と臨んだ奈良マラソン2018。

日本一キツイとも言われるコースは、

「平城宮跡をはじめ、奈良が世界に誇る数々のロケーションをコースに採り入れ、

マラソンを通してスポーツの振興を図るとともに奈良の魅力を存分に伝えていきます」

と大会HPには記されている。

コースの特徴は「終わらないアップダウン」

平地すら無いと言われる通り、

ゴールの陸上競技場以外は全て起伏のあるコースだった。

ポイントは

① 17キロ過ぎ 急な登り
② 20キロ過ぎ 急な下り
③ 28キロ過ぎ 急な登り
④ 32キロ過ぎ 急な下り

25km付近では中村先生が応援に来てくれているので、

そこまで絶対に潰れるわけにいかない。

特に28km過ぎからの急な登りは、

奈良マラソンの名物で、殺人的なパンチ力があるらしい。

ただでさえ、距離と舗装路に弱い自分は、

前半で飛ばしていったら、確実に後半で潰れる。

 

前半で突っ込めるだけ突っ込んで、20km位で力尽き、

ゴールまではゾンビ状態で辿り着くのが、僕のいつものマラソン。

会心の走りをするためには、ゾンビになってはいけない。

前半で死んだように息を潜めて、後半に息を吹き返して動き出す、

キョンシーにならなくてはいけないのだ!!

 

抑えて、抑えて、余裕があっても絶対にペースを上げない。

そう決めて、走り出した。

スタート時の気温は5℃くらいだったと思う。

風も結構吹いていて、寒かった。

ペースはキロ4分を少し切る位で進んでいく。

このペースだと、女子の招待選手にも、一般参加のランナーにもバンバン抜かれていく。

しかし、そこは我慢。

先に行ってもらって、後半で巻き返すのだから、気にしてはいけない。

5km通過19’22”

10km通過38’54”(19’29”)

15km通過58’25”(19’31”)

このペースだと息も全く乱れず、まるで歩いているぐらいに余裕がある。

15kmからはなだらかに登りが始まり、17kmから18km過ぎまで急な坂が続く。

20km通過1:18’37”(20’12”)

息も苦しくないし、脚も全然余裕。

にも関わらず、15km位からお腹がギュルギュル言って、

僕のお尻をノックする音が大きくなってきた。

治まるのか、治まらないのか!?

出来る事ならトイレには行きたくないが、

20km位から益々雲行きが怪しくなってきた。

 

走りながらランパンの紐をほどき、手袋を外し、

ついに中間地点(21.0975km)の100m位手前のトイレに、ピットイン!!!

 

お腹は全く痛くなかったが、ギュルギュル言っていただけあって、

出てきたものはほとんど液状だった(汚くてすみません)。

朝食べたものが、全く消化吸収されずに全部出てきた(ゴメンネ)。

 

最小限のロスタイムに抑えたが、

ピットインの間に随分と順位を落としたらしい。

中間地点の通過1:23’56”

この通過タイムだと、ゴールはざっくり2時間48分台(キロ4分ペース)

前半で4分を少し切って刻んできたのに、トイレの間にほぼ平均4分にまで落ちてしまった。

 

ここからどれだけ追い上げられるか!?

トイレ休憩で随分と身軽になり、息を吹き返して坂を下っていた時、

さっきのギュルギュルが、

とんでもない意味を示しているのだと気づく事になる。

 

後編に続く!!

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2018 All Rights Reserved.