営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

水見色トレイル2018

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

静岡平野を見渡す事が出来る、高山・市民の森。

そこで行われるトレイルレースが「水見色トレラン」だ。

水見色は静岡市にある山間の地域。

藁科川の中流域から少し登っただけで、絶景と山里の温かい雰囲気が楽しめる。

これまで「水見色」という名前は聞いたことがあっても、実際に脚を運んだことは無かった。

大井川の下流域で育ち、生活している身からすると、

静岡市街から離れた山合いの集落には、行くきっかけが無かったのだ。

 

今年はたまたま日程が合ったので、

今回で4回目を迎える水見色トレランの個人4周の部(4km×4)に出走。

1周4kmの中に、登りと下りの繰り返しが凝縮されていて、

中々のスパイスの利いたコース。

「静岡の熊」望月将悟さん監修のコースには、毎度毎度苦しめられる。

しかし、苦しい中にも楽しめるポイントがいくつもあって、

マジになって遊ぶスイッチをONにしてくれる。

 

アップダウンの波が襲い掛かる(笑)

 

天候は前日からの雨が残り、少雨と霧。

コースの9割以上は未舗装で、当然の事ながらぬかるんでいたり、滑りやすいコンディション。

スピード勝負ならNewBalanceの「summit unknown」で、

滑る下りで勝負するなら、

イノヴェイトの「X‐TALON200」のどちらかのシューズで行こうと考えていた。

コースは泥濘が多いので、安全策を取ってX‐TALON200を選択。

軽さと登りの反発性、下りの操作のしやすさはsummit unknownの方が上だが、

泥濘のグリップに関してはX‐TALONの右に出るシューズは無い。

 

ところが、いきなり1周目の半分、わずかな舗装部分でスリップして吹っ飛び、転倒。

右膝を激しく打ち付けて打撲&流血。

苔が生えて雨で濡れているアスファルトへ、フルスピードで突っ込んでの自爆。

もしもの転倒用にワークマンの作業用手袋をしていたので、受け身を取って最小限の怪我で済んだ。

 

とはいえスピードも出ていたし、アスファルトで打ったのでかなり痛い。

出来るだけ膝は見ないようにして、最後まで逃げ切った。

マジマジと見たら余計に痛くなる気がして、怖くて見れなかった。

4周目にも転んだけれど、そこは泥の場所という事もあって擦り傷で済んだ。

 

4周のタイムは1時間33分46秒でトップ。

周回数が増すほどに荒れるコースを、何とか走り切ることが出来た。

スタート前とゴール後に、昨年のチャンピオンと話す時間が取れた。

僕と同じように、学生時代に陸上未経験からのランナー。

「草薙激走会(クサゲキ)に強いランナーがいる」とは聞いた事があった。

けれども、同じレースや近い場所で走っているのに、会う接点が中々無かったのだ。

 

お互いのレースの話や、練習方法、これからの目標など、

走る者同士ならお互いに共有し合いたい事を、短い時間ながら話すことが出来た。

 

持ち前の明るさと笑顔で、レースを楽しむスタイル。

内に秘めたハートの強さと、負けず嫌いな性格。

年上相手に失礼だけど、、、ほんと良い男!!!笑

これぞランナーの鏡。

 

これからレースで会ったり、一緒に練習したりする楽しみが増えた。

 

水見色は空気が良い、景色も素晴らしい。

水が綺麗で、山並みが美しい。

そして、人が何より温かい。

そんな水見色の良さが、レースの雰囲気にも色濃く出ていた。

オフィシャルで盛大な大会も悪くないけど、人の温かさが出る、手作りのレースが大好き。

走る事だけじゃない、タイムや順位じゃない、

おもてなしや経験を持ち帰ることが出来る大会は、ずっとずっと続けて欲しい。

 

今回、初めて水見色に行くことになって、

また来たいと思ったし、すぐにでも行ってみたい場所も沢山見つかった。

アクセスだって悪くないし、遠くない。

「こんな良さがあるんだよ」と、山奥からちゃんと発信している。

 

「自分の事を知ってもらって、気に入って楽しんでもらって、また来てもらう」

 

この時代に、まだ薪で煮炊きしてお風呂入っている山奥に、

ハウツー本にもビジネス本にもまともに書けない、

最も古くて一番新しい、ニンゲンの生き方の秘訣が詰まっている。

 

水見色トレイルレースのスタッフのみなさま、地元関係者のみなさま、

ありがとうございました!!

参加された方々も、お疲れ様でした。

記憶に残る、素晴らしい大会でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2018 All Rights Reserved.