営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

マンモス大会に学ぶ経営学とマーケティング戦略

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

この間まで、奈良マラソンシリーズとして書いてきた記事も、ひと段落。

期日のある差し迫ったものも、年賀状位になったので、

しばらくはゆっくり記事を書いていきたい。

 

「家族で奈良まで行き、ちょっと観光して、美味しいもの食べて、フルマラソンを走ってきた」

と聞けば、あぁ、遊びに行ってきたんだね、と思うだろう。

 

実際その通りで、非日常の経験と、心から楽しい時間を過ごさせてもらった。

だだし、それは息抜きでもご褒美でもない。

本気で遊ぶ事でしか、得られないものを、獲りに行ったのである。

 

僕たち自営業者にとって、

仕事に力を注ぐ事と同時に「遊ぶ・楽しむ」という事は、

絶対に欠かしてはならない。

 

なぜならそこには、自分がサービスの受け手になることで分かる事があるから。

 

「面白い、楽しい、嬉しい」

「また来たい」

「誰か連れてきたい」

 

自分がそう思えるものには、必ずや自分の仕事に活かせるモノがある。

そう思える事に価値があり、人が求める需要が生まれる。

(そう思えないモノも、やってはいけない事として教訓になる)

 

ありとあらゆる所に、仕事を面白くするヒントが散りばめられている。

自分は「見習い」になったつもりで、取り入れられるもの、

見習えるものは全部拾い上げるつもりで、受け手側に回る。

 

奈良マラソン2018は、総参加者数1万9427名にのぼり、

そのうち665人が海外からの参加という、マンモス大会である。

これに、大会スタッフ、ボランティアを入れれば、2万数千人規模になる。

 

1万9427名のうち、8041人は奈良県内在住。

残りの1万1386人は奈良県外からの参加者になる。

 

フルマラソン参加者は定員1万2000人。

奈良県民枠2000人(ネット申し込み)、

一般枠1万人(ネット申込み9000人、抽選枠1000人)

 

ネット申し込みの1万1000人の定員枠は、

エントリー開始後31分で定員に達した。

(幸運な事に、僕は奈良の中村先生が申し込んでくれた、抽選枠で当選した)

 

◇1万1400人近くが県外から

◇近鉄の奈良駅も、JRの奈良駅近くも宿が無い

◇駅から会場までの2kmは歩きでアクセスが悪い(駐車場無し)

◇コースは「終わらないアップダウン」でタイムは出ないしキツイ

◇12月の奈良は寒い

 

にも関わらず、1万1000人の枠が31分で埋まるって、

凄くない!?

 

更に、完走率が毎年高い。

2016年大会は93.37%。

2017年大会は1万1964人の出走対し、1万1032人の完走。

完走率は92.21%。

奈良マラソン2018は1万1906人の出走に対し、1万1106人の完走。

93.3%の完走率。

 

アップダウンが多く、更に寒くて、

制限時間は特別長くない6時間なのに、完走率が高い。

100人走ったら、93人は完走できると聞いたら、

自分が残りの7人に入ると思う人は少ないだろう。

完走率が高いのは、運営が上手い証拠でもある。

 

どうなってるんだ!?奈良!

奈良には、何があるんだ!?

奈良マラソン実行員会は、一体何をしてるんだ!?

 

冬の寒い山道を、42km走るために、こぞって8200円払う。

さらに、遠方から宿泊までしても、走る。

それが、31分で締め切りになるって、凄くない!?

っていうか、おかしくないか!?

 

それを解明するには、自分で走ってみるのが一番いい。

なぜ、奈良マラソンがマンモス大会に成長したのか、

見に行く価値があると思った。

そして、行ってみて分かった。

身にしみてわかった。

自分たちの事を知ってもらって、

自分たちのサービスを受けてもらって(使ってもらって)、

気に入ってもらって、

また来てもらう(仲間も連れて)。

そのために出来る事を、年々積み重ねて、改良を加えていく。

 

それって、この世の中の、全ての仕事でやる事じゃん。

(できてるかどうかは別として)

 

古今東西変わらない、シンプルな商売の鉄則が、

奈良マラソンには脈々と活きていた。

大会実行委員会の心意気が、至る所に活きている。

 

集客アップセミナーとか、異業種交流会とか、朝活とか、

ハウツーテクニックに毒されてる、残念な経営者は、

腹くくって42km走りに行ってみたらいい。

 

31分で1万1000人集めるには、どうしたらいいかが分かるから。

盗めること、拾えるものは、そこかしこに落ちている。

 

っていう理由を、後付けしてみた。

奈良マラソンが本当に凄いのかどうかは、

行った人にしか分からない。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2018 All Rights Reserved.