営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

故障しない体作り

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

調子が良いのは、良いこと。

当たり前だ。

「良い」があるという事は「悪い」があるということ。

それは良いこと?

悪いこと?

 

良い、悪いで考えるのは好きじゃないので、この辺で頭を切り替えて、

体の故障について考えてみたい。

例えば、スポーツで故障するケース(外傷とは区別する)。

 

トレーニングを積んできて、練習を重ねてきてその結果、故障する。

ありがちだ。

これ以外には無い。

これ以外のパターンは、突発的なアクシデントによる外傷しかない。

 

結果を出すために、タイムを出すために、勝つために、練習する。

その結果故障していたら、目標・目的には到底たどり着けない。

 

キツイことすれば、体には負荷が掛かる。

だから故障する?

本当か?

 

体の能力を伸ばすための練習で、体が壊れるっておかしくないか?

故障するような事をして、総合的な能力が上がるわけがない。

 

つまりそれは、やってる事が間違っているという事。

故障はつきもの、仕方ないのではない。

失敗の法則にぶち当たっているのだ。

 

やってる事が間違っているという事に、

気が付かない事が間違いだ。

恐ろしいことだ。

 

体にとって続けられない事には、物理的に無理がある。

物理的に無理なのに、それを続けるから壊れる。

故障しなければ、継続して積み重ねが出来る。

積み重ねてきたものには、好不調の波があまり無い。

 

体のどこかを痛めるのは、使い方に問題があって、

使うことに問題があるのではない。

使わない事はもっと問題。

 

故障の痛みは、シンプルな体からの警告サイン。

その声に耳を澄ませて、対話するといい。

こうですか?

こっちですか?

これはどう?

何が必要かは、体が知っている。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.